『悪魔城ドラキュラ』を手掛けた五十嵐孝司が新作ゲームを作るらしいぞ!…海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

『悪魔城ドラキュラ』を手掛けた五十嵐孝司が新作ゲームを作るらしいぞ!…海外の反応

大ヒットゲームの『悪魔城ドラキュラ』シリーズのプロデューサー、五十嵐孝司が新作のゲームを作るための資金をクラウドファンディングのウェブサイト、「Kickstarter」で集めていることが話題になっています。

 

Bloodstained: Ritual of the Night - Kickstarter



 

目標資金は50万ドルということでしたが、資金調達を開始したその日のうちに100万ドル達成。現在は180万ドルの資金が集まっています。28ドルの出資でデジタルコピー版が、60ドルの出資でパッケージ版がもらえるなど、出資額によって特典が変わり、また、最終調達資金の額に応じてプレイヤーキャラが増える、声優にデヴィッド・ヘイターを起用する、ボスが増えるなど、プロジェクトのゴールも変わるようです。
1990年、コナミ入社。PCエンジン用ゲームソフトの開発等を経て、1994年に大ヒット作となった『ときめきメモリアル』の開発に携わったのち、移植作品である『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』(2001年発売)からは同シリーズのプロデューサーとなる(オリジナル作品は翌年の『キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲』から)。 2014年3月15日に新たな開発スタジオを開くためにコナミを退社。同年9月、株式会社ArtPlayの立ち上げに関わる。

五十嵐孝司 - Wikipedia

入門クラウドファンディング


tweet Like hatena google+


以下、海外の反応。

 

 

・僕が出資したときはまだ16万ドルだったのに。いつの間にこんなに増えたんだよ。

 

・これって『悪魔城ドラキュラ』の続編ってこと?

 

・『悪魔城ドラキュラ』が大好きだから、早速、出資してきたよ。

 

・僕もすぐに出資したけど、それでも10384人目の出資者だった。

 

・まだこういう2Dアドベンチャーが人気があるってことを証明するためにKickstarterを使ったんだろうか。

 

・こういうタイプのゲームってまだウケるんだろうか?

・一日で100万ドル集まったってことは、欲しがっているゲーマーがいるってことだろ。


 

 

・カプコン、コナミ、セガみたいな昔からあるゲーム会社はどうしちゃったんだろうな。みんな凋落してしまった。なんでゲーマーが何を求めてるかがわからないんだろう。名作ゲームのリメイク、続編を作ってほしいのに。

 

・『ロックマン』のプロデューサーが作る『Mighty No. 9』、『バンジョーとカズーイ』のチームが作る『Yooka-Leylee』、そしてこの『Bloodstained』も全部、Kickstarterで資金を集めてるんだよな。
稲船敬二がゲーム制作において大切にしていた“ユーザーとともにつくり上げるコンテンツ”というテーマをさらに進めるべく、Kickstarter上で開始したプロジェクト。今回、日本国内のゲーム会社として初めて、Kickstarterの資金調達プロジェクトを用いた試みであったため注目を浴び、結果国内外の支援者から資金を調達することに成功。支援者からの最終到達金額に応じて対応機種や追加ステージが追加される仕組みであった。

Mighty No. 9 - Wikipedia



 

 

・なんでWii Uバージョンはリリースしないんだよ。『Mighty No. 9』はWii Uでもリリースするのに。

・たぶん資金が集まればWii Uバージョンも作るんじゃないかな。


 

・残念ながらKickstarterで資金調達するプロジェクトは失敗する場合も多いんだよな。『Mighty No. 9』も結局、資金が足りないと言ってた気がする。

 

・主人公は女の子なら、デヴィッド・ヘイターは誰の声優をするんだ?

・たぶん敵のキャラクター、Gebelだろ。


 

・デヴィッド・ヘイターが声優をするのは嬉しい。

 

 

(『ルパン三世 カリオストロの城』のルパン三世、『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』のバーナード・ワイズマン、『メタルギアソリッド』のソリッド・スネークなどを担当。)

 

・今の世代(ニンテンドー3DSの世代)って『悪魔城ドラキュラ』や『ロックマン』がなかったんだよな。時代は変わりつつある。

 

・でも100万ドルなんてまだまだ足りないだろうな。

 

・カプコンを去った稲船敬二もコナミを去った五十嵐孝司も、それぞれKickstarterで100万ドルを集めて『ロックマン』と『悪魔城ドラキュラ』の続編を作るのか。『メタルギアソリッド』の小島秀夫はコナミを去る日は来るのかな。

 

・敵のキャラクターのデザインが最高だわ。このゲーム欲しいな。

 

・コナミは今頃、悔しがってるだろうな。

 

 

出典:Castlevania Successor Makes Over $1 Million In A Single Day

 

tweet Like hatena google+

[タグ未指定]
[ 2015/05/14 19:33 ] 日本の娯楽 | CM(3)


最新記事

[ 30749 ]
朧村正の大ヒットを見るとニーズは普通の3Dゲームよりありそうなんだが
最近は実写と見まごう3D映像が当たり前で、逆に手書き臭い2Dの方が新鮮

メーカーが作りたい最新ゲームと
ユーザーが求めるゲームとのズレが大きい
[ 2015/05/14 22:51 ] [ 編集 ]
[ 30796 ]
クラシックなゲームで細く長く稼ぐ、って難しいからなあ。
マニア頼りだからどこかで見限られたらそれまで。

※30749
朧村正は社長の個人スタジオみたいな会社だから作れるもんだと思うが。
少なくともカプコンコナミバンナムみたいな巨大化してしまった会社じゃ作れそうにない。
「確実に売れます」って説得力持たせなきゃ制作すらさせてもらえないし、コケたら干されて終わり。
ゲーム会社は大きくなりすぎてしまったのかもしれない。
[ 2015/05/16 13:22 ] [ 編集 ]
[ 30799 ]
IGAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!
[ 2015/05/16 15:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。