漫画家の斉藤むねお氏による「2.5次元」の漫画が凄すぎる…海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

漫画家の斉藤むねお氏による「2.5次元」の漫画が凄すぎる…海外の反応

漫画家の斉藤むねお氏がTwitterで公開した「2.5次元」漫画が海外で話題になっています。「2.5次元」とは三次元のジオラマの中に二次元のキャラクターを配置するというスタイル。斉藤むねお氏のTwitterやブログで読むことができます。

 

斉藤むねお氏のTwitter 斉藤むねお氏のブログ

職業は漫画家であるが、『ポケットモンスター 金・銀』シリーズ以降の『ポケットモンスター』やアニメ・映画のキャラクターデザインを担当。 斉藤むねお - Wikipedia


斉藤むねお





 









tweet Like hatena google+



以下、海外の反応。

 

 

・カッコいい!

 

・二次嫁ならぬ、2.5次嫁か。

 

・ペーパーマリオ風ってことだね。

 

・ダンガンロンパみたい。

 

・これはなかなか上手い。

 

・すごい時間がかかりそう。

 

・これは凄すぎる!もっと見たいな。

 

・こんなのどうやって作るんだよ!

 

・2.5次元なんて概念が存在することを初めて知った。

 

・日本の漫画もアニメも興味ないけど、これはたしかに凄い。

 

・どんな魔法を使ったらこんなの作れるんだ?

 

・凄いとは思わないけど、ユニークではあるね。

 

・三次元の背景に二次元のキャラクターを動かすゲームは好きなんだよね。『時と永遠〜トキトワ〜』みたいな。

・『ダンガンロンパ』もそんな感じじゃね?


・『ラグナロクオンライン』もな。




時と永遠〜トキトワ〜

 

 

・これはなかなか斬新だね。

 

・そんなに新しくないだろ。『GANTZ』ですでにやってた。

GANTZ

 

 

・日本の漫画のスタイルってあんまり好きじゃないんだよな。

・「日本の漫画のスタイル」なんてものは存在しない。漫画家それぞれに独特のスタイルがあるんだから。


 

 

・日本の漫画は読まないけど、これは素晴らしい。

 

・すごい手間がかかってるんだろうな。

 

・時間があったら自分でも作ってみたい。

 

・けっこう良いけど、新しいとは言えないね。「paper children」と呼ばれる手法で、昔からあった。

 

・ジオラマを作れるだけの金がない人にとってはいいかもしれないね。

 

出典:Pokémon Artist Creates "2.5D Manga," and It's IncrediblePokémon Artist Creates "2.5D Manga," and It's Incredible

 

 

tweet Like hatena google+

[タグ未指定]
[ 2015/04/24 21:33 ] 日本の娯楽 | CM(3)


最新記事

[ 30658 ]
ヒューマンリーグは名作
[ 2015/04/25 01:55 ] [ 編集 ]
[ 30670 ]
トキトワ・・・・うっ! 頭がぁっ・・・!!
[ 2015/04/27 20:10 ] [ 編集 ]
[ 30671 ]
CGの方が楽なんじゃ、、ってのはヤボか。
[ 2015/04/28 00:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。