「寄せ書き日の丸」を持ち、虚ろな目をしたアメリカ軍の兵士達…海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
おすすめブログの更新情報
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

「寄せ書き日の丸」を持ち、虚ろな目をしたアメリカ軍の兵士達…海外の反応

ニューブリテン島にあるグロスター岬での戦いの後に撮影されたアメリカ軍人の写真のようです。手に持っているのは、兵士の無事を願い、家族や友人が寄せ書きをした日章旗。

「寄せ書き日の丸」を持ち、虚ろな目をしたアメリカ軍の兵士達
太平洋戦争中、日本軍はニューブリテン島を占領し、岬付近に戦前からあった飛行場を使用するとともに、原住民を使って新たにもう1つ飛行場を建設した。1943年12月26日、カートホイール作戦の一環として、米第1海兵師団が岬付近に上陸した。この地を守備していた日本陸軍第17師団松田支隊は山中に籠って持久戦を行なったが、1ヶ月後ラバウルへの転進命令が出て戦闘は終結した。

グロスター岬 - Wikipedia

 

アメリカでは戦争を経験し、PTSDを伴うような精神的ショックを受けた退役軍人の虚ろな目を「Thousand-Yard Stare」と呼ぶようです。これはペリリューの戦いに参加した兵士を描いたTom Leaの絵、「Marines Call It That 2,000 Yard Stare」に由来するとのこと。

Tom Lea - 2000 Yard Stare.jpg
"Tom Lea - 2000 Yard Stare" by US Army, Tom Lea - http://armylive.dodlive.mil/index.php/2010/10/art-of-the-american-soldier/. Licensed under Public Domain via Wikimedia Commons.
ペリリューの戦い(ペリリューのたたかい)は、太平洋戦争中の1944年(昭和19年)9月15日から1944年11月25日にかけペリリュー島(現在のパラオ共和国)で行われた日本軍守備隊(守備隊長:中川州男陸軍大佐)とアメリカ軍(第1海兵師団長:ウィリアム・リュパータス海兵少将、第81歩兵師団長:ポール・ミュラー陸軍少将)の陸上戦闘をいう。

ペリリューの戦い - Wikipedia



tweet Like hatena google+

おすすめの記事





・ちょうど最近、ワシントンDCで第二次世界大戦の記念式典に行ってきたんだ。そこで海軍として南太平洋で4年ほど派兵されていた退役軍人の人にあったんだけど、その人の目を見て初めて、「Thousand Yard Stare」の意味がわかった。

 

・うちにもこういう旗が残ってるわ。

 

・肉体的にも精神的にも疲れきってるんだろうな。

 

・『ザ・パシフィック』ってドラマを見て、関連書籍をいくつか読んだけど、それでもこの兵士達がどんなものを見てきたのか、想像もつかない。

ザ・パシフィック

 

 

・この兵士達の顔が全てを物語っている。

 

・激しい戦闘を経験した顔だな。どんなものを見たんだろうか。

 

・こんなに疲弊した顔の人達は見たことないな。

 

・島から島へと派兵され、降伏より死を選ぶような日本軍と戦ってきたんだよな。

 

・誰か、これをカラー写真にしてくれる人はいないかな。肌の色と比べると、タバコがやけに白い。パプアニューギニアは起伏の激しいジャングルで地獄のような場所だっただろう。

 

・第二次世界大戦の写真の中では最もリアルな写真の一つだな。

 

・『With the Old Breed(ペリリュー・沖縄戦記)』って本をまだ読んでないなら、オススメだよ。

ペリリュー・沖縄戦記

 

 

・一番前の左にいる人、『イングロリアス・バスターズ』のブラッド・ピットみたい。

イングロリアス・バスターズ

 

 

・戦争が終わった後、この人達はどんな人生を送ったんだろう。

 

 

出典:U.S. Marines with captured Japanese flags at the Battle of Cape Gloucester

 

 

海外「この旗を持ち主に返したいんだが」

 

tweet Like hatena google+

おすすめの記事



FC2ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



[タグ未指定]
[ 2015/04/17 23:33 ] 国際 | CM(18)
おすすめの記事


最新記事


[ 30598 ]
戦争に参加した兵士は国を問わず疲れきるんやで。人間だもの。
[ 2015/04/17 23:52 ] [ 編集 ]
[ 30601 ]
絵の前に閲覧注意て入れて欲しかった(´・ω・`)
ぞわっとしたわ。
やばい。
[ 2015/04/18 00:33 ] [ 編集 ]
[ 30602 ]
軍刀とかの官給品はいいけど
寄せられた旗とかはできれば返してほしいね
あっちはあっちなりに苦労したんだろうし
返せって言える立場じゃないんだろうけどさ
[ 2015/04/18 00:37 ] [ 編集 ]
[ 30605 ]  
ベトナム帰還兵も帰国したら非日常の地獄から、いきなり日常になって
精神のバランスが崩れておかしくなった人が多いんだよな
命かけて戦ってるのにアメリカでは反戦ムードでベトナム戦争を
非難しているという辛い現実・・しかも働きもせず遊んでるようなヒッピーが
薬食らいながら反戦運動やってる見たら愛国精神もなくなるだろうな
[ 2015/04/18 01:05 ] [ 編集 ]
[ 30606 ]
物資豊富なメリケン軍でさえこの表情
日本軍の行き詰まり感ってどんなんだったろうかと思うと、この時代のじーちゃんたちに足が向けられん
[ 2015/04/18 01:18 ] [ 編集 ]
[ 30607 ]
>>30598
その疲れも管理しよう、というのが現代戦だったりする
簡単に言えばストレスが極大な前線に出ずっぱりにさせないで、後方で待機してる人間とローテーションさせましょうというのが現在の態勢
その分多くの人員が必要になるからアメリカのイラクなんかの派兵では何万人という規模で行われていた

当時は戦闘神経症に対する研究も進んでいなかったし、国家総力戦の時代でもあったから前線の兵士の負担は限りなく高かった
[ 2015/04/18 01:39 ] [ 編集 ]
[ 30608 ]
戦利品として色々持って帰ってるものなこいつら
頭蓋骨とか喜んで持って帰ってる時点で頭おかしいわな
[ 2015/04/18 02:07 ] [ 編集 ]
[ 30611 ]  
>・島から島へと派兵され、降伏より死を選ぶような日本軍と戦ってきたんだよな。
降伏した日本兵を皆殺しにして死体から遺品を漁ったのち遊び半分に遺体損壊する米軍(リンドバーグ従軍日記等より)が原因ですよ。
[ 2015/04/18 04:12 ] [ 編集 ]
[ 30613 ]
どちら側も人間がそういう経験をしてしまうなんて、ただ悲しいだけの一言だわ
[ 2015/04/18 05:13 ] [ 編集 ]
[ 30614 ] No title
誰一人として眼が笑ってない
[ 2015/04/18 05:53 ] [ 編集 ]
[ 30615 ]
>>30611
ペリリュー島だから、まだそうなる前、というかガダルカナルやタラワやペリリューといった緒戦で、生き残る気が無いとしか思えない連中から見れば「狂人」を相手にしての殺し合いで目が死んでいき、その後猛獣狩りのような感覚になっていった
[ 2015/04/18 07:07 ] [ 編集 ]
[ 30616 ]
生きてるのに文句言うなんて贅沢だな
子孫を残せたんだろう
[ 2015/04/18 10:17 ] [ 編集 ]
[ 30617 ] 正常・異常
元が正常ならば正常なほど精神を病み、
元々キチガ*な谷津は喜々として走り回り
何食わぬ顔で人頃シをする
それが戦争・・・なのかな?
[ 2015/04/18 11:51 ] [ 編集 ]
[ 30618 ]
体験者じゃなければ、それは絶対に分からんでしょ。
通州事件で生き残った被害者の証言を読むだけで残虐と分かる。
それを目の前でやられ、次は自分の番と恐れながら見るんだぞ。
そして、それを生きている間中、同じ場面を繰り返し思い出す。
戦争なんて、そんなもん。
戦地で、生きて帰れるってだけで儲けもんだろ。
ただ、一度経験したらすべての世界観が変わって普通の生活には戻れないだろうね。
だって、同じ人間の内臓がその辺に散らばってるんだぞ。
人間の記憶って、意外と厄介なもので楽しいことは忘れるが、嫌なことはずっと覚えていたりする。
それを、生きている間に何度も思い出し、それに耐えれない者は死を選ぶ。
結局、戦争に勝者も敗者も無いんだよ。
喜ぶのは、その場にいない平和ボケした奴だけ。
[ 2015/04/18 13:02 ] [ 編集 ]
[ 30620 ]
この頃の日本人の精神力は世界の軍隊の中でも突出してたから相当手こずったんだろうなぁ~  しかしそれも今はアメリカによって葬り去られてしまった 
[ 2015/04/18 18:33 ] [ 編集 ]
[ 30621 ]
相手が悪かった。

兵士単位では世界最強の日本軍相手ではなあ。

イタリア軍と交戦してれば半笑いの米兵もいただろうが・・・
[ 2015/04/18 19:10 ] [ 編集 ]
[ 30622 ]
こういう日本兵最強説唱えて悦に浸るアホはどうにかなんかね?
どっかの半島人みたいでマジで恥ずかしいわ。
死者数は日米差10倍だぞ。あえて言うなら殺し疲れた顔だろ。
戦争の異常さがよくわかる写真であって悦に浸るようなもんじゃねーよ。
[ 2015/04/18 20:03 ] [ 編集 ]
[ 30623 ]
拾ったんじゃなくて
わざわざ日本兵の死体をまさぐって寄せ書きの日章旗をむしり盗ってきてる
人間のクズども

[ 2015/04/18 20:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

おすすめの記事
プロフィール
2012年11月開設

このブログについて

facebook icon twitter icon feed icon
おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。