海外「安倍首相は素晴らしい決断をした」…集団的自衛権の行使容認決定に対する海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

海外「安倍首相は素晴らしい決断をした」…集団的自衛権の行使容認決定に対する海外の反応

政府は臨時閣議を開き、これまでの憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定し、戦後日本の安全保障政策は大きな転換点を迎えました。
安倍総理大臣は記者会見し、行使容認は限定的だと強調し、抑止力によって日本が戦争に巻き込まれるおそれは一層なくなっていくと説明しました。

安倍総理大臣は、自民・公明両党の最終的な了承が得られたことを受けて、公明党の山口代表、それに与党協議のメンバーらと総理大臣官邸で会談し、合意を正式に確認しました。
そして、午後5時前から臨時閣議を開き、憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定しました。
閣議決定の表題は、「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」とされています。
この中では、「これまで政府は、武力の行使が許容されるのは、日本に対する武力攻撃が発生した場合に限られると考えてきた。しかし、日本を取り巻く安全保障環境が変化し続けている状況を踏まえれば、今後、他国に対する武力攻撃であっても、その目的や規模、態様などによっては、日本の存立を脅かすことも現実に起こり得る」としています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140701/k10015658171000.html


tweet Like hatena google+



 

翻訳元:Japan approves larger military role

 

・1978年から1989年まで日本の横須賀に駐留してたんだけど、そこでたくさんの日本人と知り合った。日本人は本当に面白くて、優しくて、礼儀正しい人達ばかりだった。僕の知る限りでは、また戦争したいなんて思ってる日本人なんかいない。でも、現在は状況が変わって、中国が日本を含めたアジア諸国の平和を脅かしている。それが日本が憲法を変えたい理由なんだろうけど、日本の方から戦争を始めるなんてことは絶対にない。日本は今後もきっとアメリカを支援してくれる。

 

・もう第二次世界大戦から70年も経ってるんだから、状況だって変わってきてる。日本も憲法を改正して軍事力を上げ、アジアでの重要な役割を果たすべきだ。

 

・もし全ての国が軍隊を個別的自衛のみに使うような憲法を持ってたら、世界中が平和になるんだけどね。

 

・アジアの全ての国が中国の脅威から安全であることを願う。

 

・日本はドイツのように、過去の歴史から多くを学んで、現在は平和で尊敬に値する国になっている。一方で中国は世界の平和を脅かす国になった。世界は日本にも悪と戦うことを求めている。

 

・もうパールハーバーのようなことは起きないと信じてるよ。

 

・これには賛成できない。日本は第二次世界大戦中に中国と韓国に対して酷いことをした。そしてドイツと違ってその過ちを反省してない。

 

・マッカーサーがもし生きてたら何て言うだろうね。

 

・日本はこんな古い憲法なんて70年代か80年代くらいに改正しておくべきだったんだよ。安倍晋三首相は戦後の日本で最も決断力、実行力のある首相だ。彼は愛国者だから、中国や韓国が彼を嫌うのも仕方ないよ。

 

・日中関係が緊迫してる今、日本に残された選択肢は少なくなっている。日本も軍事力に全力を注ぎ、アジアの平和を守るべきだ。

 

・素晴らしい決断だと思う。1800年kら1946年にかけて、多くの国が中国からいろんなものを奪った。そして今、中国は世界に復讐しようとしている。日本、韓国、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカが協力して、中国に対抗しなければいけない。

 

・日本人はアメリカ人みたいなアホじゃないから、人間に代わるロボット軍隊だって開発できるよ。

 

・中国の軍事力が上がってきてる今、日本もそれに対抗するべきだと思う。

 

・安倍首相は素晴らしい。これで日本はより安全な国になる。憲法改正によって日本は他の国と同じように、自らの力で自らの国を守り、国際社会に貢献できるようになる。

 

・戦争には絶対反対だけど、あんな恐ろしい国が隣にあったら戦争の準備をするのは当然の対応だね。

 

・日本はアジアの平和のために中国を止めなければいけない。中国は南シナ海での領有権を主張してるけど、それは明らかに間違っている。アジア諸国は協力して中国に対抗するべきだ。

 

・アメリカは日本を必要としていて、日本もアメリカを必要としている。戦争は起きるよ。今世紀中に戦争が起こらないなんてことはありえない。日本とアメリカは中国と北朝鮮という共通の敵をもっている。

 

・中国を抑えられるのは日本しかない。東南アジア諸国にとっては良いニュースだろう。

 

 

平和ボケした日本人のための戦争論中国・韓国が死んでも隠したい 本当は正しかった日本の戦争戦争論

tweet Like hatena google+

[タグ] アメリカ 中国
[ 2014/07/02 23:33 ] 日本の社会 | CM(12)


最新記事

[ 27936 ]
ブサヨとコリアン、そっと閉じ。
[ 2014/07/03 00:21 ] [ 編集 ]
[ 27937 ]
結局、中国脅威論が強い印象だったね。
やはり中国は口だけ外交やっても素行の悪さを隠すことはできないか。
[ 2014/07/03 01:20 ] [ 編集 ]
[ 27938 ]
戦争するしないはともかく、近隣にヤクザ国家が3つもあるんだから防衛するのは当然だよ!
反撃しないと思うから挑発や侵略行為を平然とするんでしょ!!
アホみたいに喚いて反対してるのは反撃されると都合が悪い人たちww日本人ではないわなww
[ 2014/07/03 01:21 ] [ 編集 ]
[ 27939 ]
つくづく思うが、ほんと外人さんらって韓国の反日ぶりを知らないんだな
アメリカや欧州から戦闘機を購入する時も、仮想敵国の欄に「日本」って入れてる国なのに
[ 2014/07/03 01:46 ] [ 編集 ]
[ 27940 ]
ディスカウント特亜って事までしなくても
もうちょっと日本からの世界に対する発信を強化しなければいけないんじゃないかなぁ。
[ 2014/07/03 03:04 ] [ 編集 ]
[ 27941 ]
>これには賛成できない。日本は第二次世界大戦中に中国と韓国に対して酷いことをした。そしてドイツと違ってその過ちを反省してない。

どこの国か分かり易すぎて吹き出した。
[ 2014/07/03 05:43 ] [ 編集 ]
[ 27942 ]
・マッカーサーがもし生きてたら何て言うだろうね。

きっと「日本よ、よく決断してくれた」と喜ぶだろうな。
マッカーサーは日本統治してから一気に親日に傾いたからな。
アメリカ議会でトルーマンらは日本の侵略戦争について意見を求めたところ、
マッカーサーは開戦前の日本の産業構造などを一通り説明した後、
「日本には蚕以外の資源と呼べるものは何もなく、もし輸入を止められたら
数千万人の失業者が出たでしょう。政府はそれを恐れていた。そこでハルノートのようなものを突きつけられれば、いかに小さな国であろうと開戦に踏み切ったでしょう。私は確信を持って断言できます。あの戦争は侵略戦争などではなく、国民の生活を守るための防衛戦争であった、と。」

その後来日して東条の遺族らと面会して、「貴方方は戦犯の遺族などではありません。誇りを持って生きて下さい。」と遺族に残している。
[ 2014/07/03 06:35 ] [ 編集 ]
[ 27943 ]
>これには賛成できない。日本は第二次世界大戦中に中国と韓国に対して酷いことをした。
>そしてドイツと違ってその過ちを反省してない。

どんな人種が書いてるのかよくわかるな
日本は韓国とは戦争してないしドイツは植民地に謝罪してない
[ 2014/07/03 08:17 ] [ 編集 ]
[ 27944 ]
>これで日本はより安全な国になる。憲法改正によって日本は他の国と同じように、
>自らの力で自らの国を守り、国際社会に貢献できるようになる。

ホントこれ。日本は他国がしないことをしようとしてるわけじゃなく
他の国が普通にしてることをしようとしてるだけ。
[ 2014/07/03 08:21 ] [ 編集 ]
[ 27945 ]
>もう第二次世界大戦から70年も経ってるんだから、状況だって変わってきてる。

その70年以上も前のことで(しかも捏造)いまだに謝罪だ賠償だとギャーギャーと騒いでばかりの国ばっかだからな、隣国が。
[ 2014/07/03 08:30 ] [ 編集 ]
[ 27946 ]
韓国は日本と一緒に戦った側

ひどい事なんかされてない。
慰安婦強制が嘘な証拠でもある。
[ 2014/07/03 09:34 ] [ 編集 ]
[ 27949 ]
たしかにドイツと違ってインフラ破壊したり整備費回収してないな。
[ 2014/07/03 13:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。