「livetune adding 中島 愛」による「Transfer」のPVに対する海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
おすすめブログの更新情報
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

「livetune adding 中島 愛」による「Transfer」のPVに対する海外の反応

livetune adding 中島 愛「Transfer」Music Video





tweet Like hatena google+

おすすめの記事



・このPVは病みつきになるね。一度見始めると最後まで見ないと気が済まない。

香港


・同じ動きを背景だけ変えて繰り返してるだけだよね。たしかにかっこいいし、きれいにできてるけど、つまらないな。

アメリカ

・そのとおりだと思う。背景は面白いし、曲はいいんだけど、女の子が走っている姿のループはとても退屈だね。
そのせいでせっかくの素晴らしい動画が台無しだよ。
何が退屈なのかというと、このキャラクターは周りの環境に一切干渉してないんだよね。二つの無関係のものを見せられているだけ。

アメリカ



・本気で言ってるの?これは女の子が走っているというたった一つのイメージを考えられる限りの多様なストーリーに組み込んでいて、それは本当に創造力と想像力を必要とする仕事だよ。
僕にはこの作品の半分も思いつかないだろうね。個人的には恐ろしくよくできた作品だと思う。

オーストラリア



・このループの意味はたぶんこんな感じじゃないかな。「日々の生活の中で僕達は同じことを繰り返してるけど、時代は変わっていく。」歌詞の中にそう書かれてると思うんだけどね。
学校っていうのがいい例かな。多くの人は学校の中で同じスケジュールを繰り返してるけど、学年が上がったり、違う学校に入学したりして、環境が変わっていくんだ。

アメリカ


・私達はパラレルワールドに住んでいるのね!


・これと同じコンセプトの作品を見たことがある。「ラン・ローラ・ラン」っていう映画なんだけど、同じ動きをいろんなストーリーに組み込んでいいた。たぶん、それも日本のアニメだったんじゃないかな。
この作品がもし学生の作ったものだったらすごいと思ったけど、これはプロの作品でしょ?だったら悪いけど大したことないよ。

メキシコ


・アベノ橋魔法☆商店街+ゆめにっき+ブラック★ロックシューター=この超ヤバイPV

ベネズエラ


・パンチラばっかだな。女性に対する侮辱だよ。

アメリカ

・日本の文化がわかってないんじゃない?

アメリカ


・これはまさに僕達の人生を表しているんだね。


・いい曲だね。この動画はなんとなく「時をかける少女」を思い出すね。

カナダ


・いい歌だね。歌詞はわからないけど。キャッチーなメロディーがいい。

アメリカ


・ナイキのコマーシャルなんじゃないの?

アメリカ


・違う場面で同じことを繰り返してるだけじゃん。

アメリカ

たぶんこの繰り返されるデジャヴが表しているのは、パラレルワールドは隣り合って存在しているという理論だとか、どうやって異次元の空間に移動するかっていうことだと思う。
しかし、最後のシーンにはたまげたね。

フィリピン



・最後の「Transter」っていうロゴが各場面の最後にでてくるイメージの組み合わせだということに気づいてチビリそうになった。

アメリカ




Transfer

tweet Like hatena google+

おすすめの記事



FC2ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



[タグ] PV
[ 2012/11/15 08:07 ] 日本の音楽 | CM(0)
おすすめの記事


最新記事


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

おすすめの記事
プロフィール
2012年11月開設

このブログについて

facebook icon twitter icon feed icon
おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。