「この旗を持ち主に返したいんだが」…その後の話 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
おすすめブログの更新情報
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。
おすすめの記事

「この旗を持ち主に返したいんだが」…その後の話



先日、高橋重様の日章旗をご子息の方にお渡ししました。
私が帰国する直前に重さんは亡くなられ、直接お渡しすることはできませんでした。

事の発端はアメリカのウィスコンシン州にお住まいのジェイクさん(仮名)がredditに立てたスレッドを、私が翻訳して掲載したこの記事でした。

海外「この旗を持ち主に返したいんだが」

正直なところ、この記事を作成したときは、本当に持ち主の方が見つかるとは全く思っていませんでした。ところが、この記事を読んでくださった方が、この日章旗に書かれている氏名、地名などを検索し、福島県郡山市に高橋慶舟記念館を建設された高橋保基さんの情報に行き当たりました。そしてすぐに「福島県民」さんがこの高橋保基さんに連絡をとってくださいました。保基さんは重さんの甥御さんであることが判明します。

記事のコメント欄で持ち主の詳細が判明したころ、管理人である私に、このジェイクさんからメールが届きました。彼は日本語が読めないのですが、このブログのコメント欄で持ち主が判明した経緯を聞き、私に連絡をとってきたのです。私は彼がこの日章旗を高橋重さんに返すのに協力することを約束しました。

ジェイクさんのお祖父さん、スティーブンさん(仮名)は戦後、二枚の日章旗を持ち帰りました。どのようにしてそれらを手に入れたのかはわかりません。スティーブンさんは前線に出る兵士ではなく、主に船の中でエンジンの手入れをする仕事をしていたそうです。そして、その二枚の日章旗を、持ち主に返す意図をもって、アメリカに持ち帰ったのです。一枚目の日章旗は30年か40年ほど前、持ち主の方に返したそうですが、この日章旗に関しては持ち主がなかなか見つからなかったそうです。

ご子息のお話によると、高橋重さんは第二次世界大戦中、主に衛生兵として、満州に派兵されました。戦った相手はアメリカ兵ではなくロシア兵、アメリカに渡ったこともなかったはず、というお話でした。なぜ重さんの日章旗がアメリカにあったのか、不思議だとおっしゃっていました。

直接お渡しすることはできませんでしたが、重さんの四十九日の法要で、親族の方々にこの旗を見ていただいたそうです。中には実際にこの旗に寄せ書きをした方、またそのご兄弟の方もいらっしゃったそうで、この旗が戻ったことを喜んでおられたと聞いております。

この旗に寄せ書きをした方々の思い、それを持って戦地に赴いた重さんの思い、この旗を返そうとしたスティーブンさんとジェイクさんの思い、それらが時空を超えてつながった瞬間に立ち会えて、私自身、本当に幸せでした。そして、このブログのコメント欄で持ち主を探していただいた方々と「福島県民」さんに、厚く御礼申し上げます。



2013年7月13日

「海外から見た日本」管理人
[タグ] 戦争
[ 2013/07/13 19:03 ] 日本の文化 | CM(129)
おすすめの記事


最新記事


[ 11433 ]
GJ部
[ 2013/07/13 19:15 ] [ 編集 ]
[ 11434 ]
管理人さんGJ
自分から見たらすごい偉大なことをしたと思う
誰かのところにこんなに気持ちのこもったものが届くなんて素晴らしいです!
[ 2013/07/13 19:23 ] [ 編集 ]
[ 11435 ]
イイハナシダナー( ;∀;)
ジェイク・管理人さん・特定班 GJ


ところで「神州不滅」って凄い言葉だな
[ 2013/07/13 19:27 ] [ 編集 ]
[ 11436 ]  
お宝じゃねえか!!
[ 2013/07/13 19:29 ] [ 編集 ]
[ 11437 ]
これはとても素晴らしく心がほっこりする話
まさか本当に持ち主に返っていったとは・・・
スティーブさんも管理人さんもご苦労さまです。感激しました!
[ 2013/07/13 19:30 ] [ 編集 ]
[ 11438 ]
お疲れ様でした
ご家族の元に戻って良かったです
[ 2013/07/13 19:31 ] [ 編集 ]
[ 11439 ]
何で今更?
[ 2013/07/13 19:36 ] [ 編集 ]
[ 11440 ]
すっげーいい話なんだけど重さんの存命中には戻せなかったのか…
それだけが心残りっつーか残念というか…
[ 2013/07/13 19:36 ] [ 編集 ]
[ 11441 ]
バスの中だってーのに、
涙が止まらないよ…。
・゜・(ノД`)・゜・。
[ 2013/07/13 19:37 ] [ 編集 ]
[ 11442 ]
うわ~良かった!良かったねえええええ(´;ω;`)
[ 2013/07/13 19:48 ] [ 編集 ]
[ 11443 ]
インターネットが万人に普及してこういった事が可能になったんだなーって思う。
これからこういう事が増えるんじゃ無いかな。
管理人さんお疲れさまでした。
[ 2013/07/13 19:50 ] [ 編集 ]
[ 11444 ]
良かったねえ、良かったねえ。お二方ともお疲れさまでした。
でも本人はきちんと帰って来れてたというのが何より嬉しい知らせだよ。
[ 2013/07/13 19:51 ] [ 編集 ]
[ 11445 ]
お手柄です!!
[ 2013/07/13 19:52 ] [ 編集 ]
[ 11446 ]
偉業だと思います。
これに関わった方達、素晴らしいです。
[ 2013/07/13 19:52 ] [ 編集 ]
[ 11447 ]
アメリカを初めとする敵を倒すぞ的な旗なのに、長きにわたって保存し、かついつか渡さないとと思い続けてくれた異国の敵兵に敬意だな。何かアジア(っていうか隣国達…台湾を除く)とは習慣が違いすぎるわ。
[ 2013/07/13 19:53 ] [ 編集 ]
[ 11448 ]
すげえ
こんなこともあるもんなんだな
何はともあれ探しだした人グッジョブ
[ 2013/07/13 19:54 ] [ 編集 ]
[ 11449 ]
49日法要って事はかなりおしいタイミングだったのか・・・
もう60年以上も前のものなのに2か月って
ただこれに関わったすべての方が素晴らしい
[ 2013/07/13 19:56 ] [ 編集 ]
[ 11450 ]
重さんのご冥福をお祈りします。

重さん自身が日章旗を見れなかったことは残念だけど、無事にご親族の元に帰れて良かった。
管理人さん、福島県民さん、お前ら、本当にお疲れ!
[ 2013/07/13 19:59 ] [ 編集 ]
[ 11451 ]
ああ、あったなぁこんな話題・・・と思ってたら凄い展開になってたんですねw
[ 2013/07/13 20:02 ] [ 編集 ]
[ 11452 ]
お疲れ様です。良い結果報告が聞けてうれしいです。
[ 2013/07/13 20:16 ] [ 編集 ]
[ 11453 ]
福島県民の方、調べて下さった方はもとより管理人さまも激しくGJ!!でした
本当にお手元に返すことができて、何よりだと思いました
皆様お疲れ様でした

ささやかですが福島に観光に行ってくるww
[ 2013/07/13 20:18 ] [ 編集 ]
[ 11454 ]
奇跡のような出来事だな
インターネットがまた世界を縮めてしまった
[ 2013/07/13 20:29 ] [ 編集 ]
[ 11455 ]
絆が繋がった訳だ、素晴らしいね。
[ 2013/07/13 20:33 ] [ 編集 ]
[ 11456 ]
あのときのぽまえら乙
[ 2013/07/13 20:35 ] [ 編集 ]
[ 11457 ]
こんなこともあるんだなぁ
すごいね、良かったね
[ 2013/07/13 20:43 ] [ 編集 ]
[ 11458 ]
>高橋慶舟
この人が気になる。検索しても分からないな。
アメリカ人嫌いな方だけど、この人が来日したら何かしてあげたいわ。

重さんは生前に旗のことをご存知だったのだろうか。
[ 2013/07/13 20:46 ] [ 編集 ]
[ 11459 ]
よかった。きちんと戻ったんだね。
私も福島県民なので、もうちょっとこの話を見ていたら協力していたかも。
こういう投稿者が居て、こんな「縁」があって、過去、今、未来とつながった気がしました。

過去の敵兵のこういった物をずっと持ち続けてくれてありがとう。
旗に掛けた想い、きっと御霊に届いただろう。
[ 2013/07/13 20:47 ] [ 編集 ]
[ 11460 ]
その後の経過がずっと気になってました。
重さんご本人には渡せなかったみたいですが、相手側の心情は届いているはず。
帰るべきところに帰って良かったです。
[ 2013/07/13 20:51 ] [ 編集 ]
[ 11461 ]
GJ!GJ!!GJ!!!!!.!!!!!!ほんとにGJ!!
[ 2013/07/13 20:55 ] [ 編集 ]
[ 11462 ]
ありがとうジェイクさん
[ 2013/07/13 21:05 ] [ 編集 ]
[ 11463 ]
ガチでやりあったアメリカ人ですらこの振る舞いなのに、韓国・中国人は何なの?
[ 2013/07/13 21:05 ] [ 編集 ]
[ 11464 ]
過去と未来が繋がった瞬間だね、本当に感動的だ。・゚・(ノД`)・゚・。
[ 2013/07/13 21:05 ] [ 編集 ]
[ 11465 ]
見つからないなら靖国神社でもと思ってたんだけど見つかったんだね。
よかった。
[ 2013/07/13 21:07 ] [ 編集 ]
[ 11466 ]
管理人さん、お疲れ様でした。
ご本人に直接お渡しできなかったことは少し残念でしたね。
それでも、もう失われただろうと思っていたものが保管されていて、それが戻ってくるという事を
ご本人にお知らせできただけでも奇跡的な事だと思います。
寄せ書きがご家族の元に届けられて、スティーブンさんもきっと喜んでおられるでしょう。

不思議な縁ってあるものですね。
[ 2013/07/13 21:11 ] [ 編集 ]
[ 11467 ]
おおっこれTVのニュースでみたよ!
福島県民さん&管理人さんGJ!
[ 2013/07/13 21:13 ] [ 編集 ]
[ 11468 ]
直接戦闘してたら戦利品だろうが、、
もしかしたら敗戦後の満州引き揚げアメリカ船の中で渡したんかな
敗戦はしたが、引き揚げに協力してくれたアメリカには本当に感謝したい。
[ 2013/07/13 21:25 ] [ 編集 ]
[ 11469 ]
前の記事を読んでから気になっていたのですが、インターネットって凄いですね。
ご遺族はとても喜ばれたのではないでしょうか。良かったですね。
英語できないけど、尽力された皆様にお礼を言いたいです。
[ 2013/07/13 21:27 ] [ 編集 ]
[ 11470 ]
こんなこともあるんやね。
[ 2013/07/13 21:31 ] [ 編集 ]
[ 11471 ]
発端の記事で写真を拝見した時、"東洋の平和の為に"という寄せ書きにグッときました。
管理人さん、架け橋になった皆さん、本当にお疲れ様でした。
[ 2013/07/13 21:38 ] [ 編集 ]
[ 11472 ]
>戦後、二枚の日章旗を持ち帰りました。どのようにしてそれらを手に入れたのかはわかりません。

そりゃわからない方が良いわな。
まあ、知ってても言わないだろうがね。
[ 2013/07/13 21:41 ] [ 編集 ]
[ 11473 ] ななし
なんか
泣けてきた
[ 2013/07/13 21:41 ] [ 編集 ]
[ 11475 ]
いい話だ
新聞で見つかる話は聞いたことあるけどネットもすごいね
普通の人でもできる
言葉の壁はあるけど、世界の距離は本当に縮まったと思う
[ 2013/07/13 22:02 ] [ 編集 ]
[ 11476 ]
いやぁ~!いい話だ!!
[ 2013/07/13 22:06 ] [ 編集 ]
[ 11477 ]
見つかったのか!最初の記事でみんなで住所探ってみたりしてたね。
よかったよかった。
最近まで存命だったことも安堵した。
[ 2013/07/13 22:16 ] [ 編集 ]
[ 11479 ]
天晴!
[ 2013/07/13 22:27 ] [ 編集 ]
[ 11480 ]
管理人さんGJ!!!
[ 2013/07/13 22:28 ] [ 編集 ]
[ 11481 ]
本当に良かった・・・
管理人さん、協力した皆さんお疲れ様でした。
[ 2013/07/13 22:31 ] [ 編集 ]
[ 11482 ]
本当に良かった
[ 2013/07/13 22:43 ] [ 編集 ]
[ 11483 ]
この記事気になってました
管理人さんありがとうございます
[ 2013/07/13 22:50 ] [ 編集 ]
[ 11484 ]
そうなのか?
日本兵のしゃれこうべを土産に持ち帰ったり頭骨をトロフィーがわりに持ち帰ってた奴らだよ?
戦利品?肉をそぎ落とし鍋で煮て頭骨を持ち帰るんだよ?
マリアナでは日本兵の遺体の60%が頭が無かったって聞くよ?
白人以外は人間じゃない、獣でも狩るかのように遺骨にJAP○○と書き
トロフィーとして鑑賞してる奴らに保管しててありがとうって何かおかしくね?
イギリスで聞いたことある?スカルトロフィーなんて
[ 2013/07/13 22:59 ] [ 編集 ]
[ 11485 ]
全ての人に感謝
[ 2013/07/13 23:09 ] [ 編集 ]
[ 11486 ]
※11484
おじいちゃんもう戦争は終わったんですよ
[ 2013/07/13 23:10 ] [ 編集 ]
[ 11487 ]
感動した!

四十九日ってことは亡くなられて間もなかったってこと?
[ 2013/07/13 23:14 ] [ 編集 ]
[ 11489 ]
暑くなって来た。もうあとひと月もするとお盆だ……南無阿弥陀仏

木洩れ陽のもと、故人の墓の傍らにひっそりと咲く花が微風に揺れる
[ 2013/07/13 23:24 ] [ 編集 ]
[ 11490 ]
平和な今だからこそ実現できた。
管理人さん、お疲れさまでした。
[ 2013/07/13 23:25 ] [ 編集 ]
[ 11491 ]
旗を返すことが出来たんだ。凄いよ。
協力してくれた方々に感謝。
[ 2013/07/13 23:27 ] [ 編集 ]
[ 11492 ]
凄い! 管理人さんお疲れさまです。すごく素敵なことですね。
当たり前だけど、歴史には一個一個の人間がいて、繋がってるんだと感動しました。
おめでとうございます。そして故人のご冥福をお祈りします。
[ 2013/07/13 23:27 ] [ 編集 ]
[ 11494 ]
管理人さん、素晴らしい事を成し遂げられたね。
貴方は凄い人だ。
[ 2013/07/14 00:02 ] [ 編集 ]
[ 11495 ]
何にせよ無事に旗が持ち主の家族の元に戻ってよかったよ
寄せ書きで町名書いた人はGJだな
あれがあるとないとじゃ全然違ってたと思うし
[ 2013/07/14 00:10 ] [ 編集 ]
[ 11496 ]
こんな素晴らしい記事を読む事が出来るなんて本当にネット繋いでて良かったと思いました。
日本で生まれた旗がアメリカに渡り、沢山の優しい人たちの思いが重なって今もう一度日本に帰ることが出来た
ほんとうにほんとうに嬉しいです。
[ 2013/07/14 00:11 ] [ 編集 ]
[ 11497 ]
60年越しの奇跡だね!
素敵な話だ~
[ 2013/07/14 00:13 ] [ 編集 ]
[ 11498 ]
※11484

嘘かほんとか知らないが、それとこのスティーブン氏の行動に何の関係があるんだ?
[ 2013/07/14 00:16 ] [ 編集 ]
[ 11499 ]
イギリスの軍人会館にも寄せ書きされた日章旗が飾ってあるよ。
日本人を殺した証拠として誇らしく。
ホントに悔しい。
取り返したい。

連合軍兵士を殺した日本兵は同じようなこと…例えば、相手が大切にしていただろう家族からの手紙等を戦利品として持ち帰った人はいたのだろうか?

[ 2013/07/14 00:40 ] [ 編集 ]
[ 11500 ]
ヨカッタヨカッタ
靖国で安らかに眠ってることであろう
ご冥福をお祈りします
[ 2013/07/14 00:52 ] [ 編集 ]
[ 11501 ]
※11484
そうじゃない連中もいたし、あるいは子孫のジェイクさんは違った、それだけの話だろう。
[ 2013/07/14 01:46 ] [ 編集 ]
[ 11502 ]
良い話で片付けば問題ないけど。
戦死していたら、家族の方も複雑じゃないの?
思い出したくない事を今更思い出すきっかけを作る訳だし。
まあ、親切心なんだろうけど。相手には、迷惑ってこともあるよ。

ちょっと前だけど。沖縄戦で生き残った人の特集をやっていたが、
老齢になって、当時のことがトラックバックするんだって。
それが元で鬱になって今も苦しんでいるそう。
話を聞いたら、本当に気の毒だった。

だから、そう言った人を考えると、
今回のが良かった…とも素直に喜べなくてね。
良いことをしたと褒めたいけど。
戦利品として持ち帰ったなら、何か複雑だな。。。
[ 2013/07/14 02:29 ] [ 編集 ]
[ 11504 ]
それはフラッシュバック

決してアリスJAPANの作品ではない
[ 2013/07/14 03:05 ] [ 編集 ]
[ 11505 ]
※11502
必要でない、もしくは見たくないと思うのであれば連絡が来た時点で断るなり
資料館にまわすなり、手元に置かないようにする方法はいくらでも取れるよ。
あなたの言いたいことはわかるけど、それは可能性のひとつでしかない。
戦地で亡くなっておられる方の中には、遺骨どころか遺品すらも帰って
こられなかった方もいる。
そんな方のご遺族だったら、海外で保存されていた遺品は故人の貴重な思い出に
なる事もある。
海外で保管されていた戦中の持ち物を返還したいと申し出されることと、その後
親族がそれをどう扱うかは別問題なのではないかな。
[ 2013/07/14 03:34 ] [ 編集 ]
[ 11506 ]
こんなこともあるんですね。ギリギリだったとは。ご本人が亡くなった直後に旗が戻って来るなんてあまりに劇的すぎます。
まるでご本人の思いが間接的に大勢の人を動かしたんじゃないかって思ってしまいました。
ご家族の感慨如何ばかりか。
管理人さんや皆さん、凄いです。
[ 2013/07/14 03:48 ] [ 編集 ]
[ 11508 ]
遺品を戦利品として持ってかない方が
遺骨返還作業には便利だと思うんで
こういうのはちょっと複雑だわな
[ 2013/07/14 05:22 ] [ 編集 ]
[ 11509 ]  
[11502]通りすがりの日本人 みたいに問題点だけ叫び
じゃあ何もしなくて良かったのかってことにはダンマリ
いわゆるクレーマー気質のプロ市民臭ってやつですね
[ 2013/07/14 06:08 ] [ 編集 ]
[ 11510 ]
持ち主に返せたんだ!!
反応サイトが人の役に立つなんて正直予想してなかった。
いい話をありがとう。
[ 2013/07/14 06:12 ] [ 編集 ]
[ 11511 ]
[ 11508 ]は、ちゃんと記事よんだのか?
返還者の祖父が戦場で土産に拾ったわけじゃなく、むしろ、それを返そうと努力してた人
実際に一枚は既に三、四十年前に返してるじゃないか
[ 2013/07/14 06:17 ] [ 編集 ]
[ 11512 ]
やっときたぁああああって思ったら亡くなったのかよ…
ちょっとだけ協力した身(ググっただけだけどw)としてはものすごく喜ばしいし、ものすごく悲しいわ
見つかったときに福島県民さんは「ご存命です!」とだけ言ってたから元気にしていらっしゃるとばかり思ってたよ
[ 2013/07/14 06:27 ] [ 編集 ]
[ 11513 ]
お疲れ様でした。
管理人さん、あんた善い人だねぇ~立派だよ
[ 2013/07/14 07:13 ] [ 編集 ]
[ 11514 ]
遺族にとっては唯一の形見かもしれないものだし嬉しいだろうね

ただ、、渡った経緯が気になるな
それはまた国家の話であって国民とは無縁だし無粋な話か
管理人さんお疲れ様でした
民間交流の重要さは日米、日台と感じてますし今後とも協力いただけるとありがたいです
[ 2013/07/14 08:23 ] [ 編集 ]
[ 11515 ]
ブラボー!
[ 2013/07/14 08:27 ] [ 編集 ]
[ 11516 ]
いつも思うけど、こういうのってどういう気持ちで持ち帰るの?
リアル戦利品?狩りで言うトロフィー代わり?
(敵意を持っていた相手の持ち物とか気持ち悪いとか考えないのかな…)

しかもパクっておいて今更返したいってどういう心境なんだろう?
じゃまになったから?捨てないとはいえちゃんと調べないあたりとかイイコぶってる感じがどうしても抜けない…

今回の事態に直接云々ってわけじゃないけど、こういう報道があるといつも考えるんだよね
[ 2013/07/14 08:44 ] [ 編集 ]
[ 11517 ]
戦利品という意味合いもあるし、土産にもなる。
また自分の殺した相手を忘れないため、ということもある。当時はドッグタグなんてなかったし。
名前の着いた形見であるならいつか平和になったらそれを遺族に返すこともあるだろうし、
現にこうして形見を帰してくれたって話もできるだろ。

日本でも刀剣に関してはよくあった話。
[ 2013/07/14 10:44 ] [ 編集 ]
[ 11518 ]
管理人様、お疲れさまです。

ジェイクさんには、なんか記念品でも送った方がよくね?

たとえば、感謝の寄せ書きをした新しい日章旗とかさ。

向こうにも返してよかったと気持ちよく思ってほしいわけで。

いや、ただの通りがかりの独り言なんだけどネ…。
[ 2013/07/14 10:57 ] [ 編集 ]
[ 11520 ]
素晴らしいお話です。
ジェイクさん、ありがとうございました。
どこかの国の国旗を食べちゃう人たちとは違いますね。
[ 2013/07/14 11:32 ] [ 編集 ]
[ 11521 ]
>11516

あなたの意見に少なからず同意できる部分もありますが
今回の雨人さん(と管理人さん)の言うことを信じて本文を読めば

>しかもパクっておいて今更返したいってどういう心境なんだろう?
>じゃまになったから?捨てないとはいえちゃんと調べないあたりとかイイコぶってる感じがどうしても抜けない…

これは間違い、というか勝手な思い込みですよね?

>いつも思うけど、こういうのってどういう気持ちで持ち帰るの?

私も正直、どういう神経してんだと思いますし
どんな理由を付けようがドロボウですよね
「戦争」という人間の愚かさにかまけた行為だと思います。が、
逆にそれを反省したり、悔い改める事を否定して
お前昔悪い事した!謝罪しろ!賠償しろ!だけしか考えないとしたら
そこに人としての未来は無いとも思います
日本の近隣には捏造までしてこういう発言をする詐欺国が多いですが
それとは違い
少なくとも表面上はスマンかった、返却すると言っているならば
素直に受け取ってこの先こういう行為をしないためにどうすれば良いのか
共に考えて行ければ良いのではないでしょうか(綺麗事ですけどね、でも大事)
[ 2013/07/14 11:49 ] [ 編集 ]
[ 11523 ]
>[ 11502 ]
あなたのご先祖は戦争行ってないの??
沖縄だけじゃない、戦争で戦った日本兵は皆精神的に後遺症を残した。
そりゃ、隣で寝てた仲間が亡くなったりするんだから。
それに生きて帰ってくるだけで罪の意識があったんだよ。身内や仲間が死んでるから。
大戦争だからね。
皆、日本に帰りたかった。甲子園の土の儀式は本来兵隊さんの儀式なんだよ。
家族は遺品が欲しいから喜ぶよ。生きてても、こういうのは喜ばれると思う。お守りだから。
[ 2013/07/14 12:18 ] [ 編集 ]
[ 11524 ]
それはそうと、アメリカ兵は満州に行った、おった、って事になるんだろうか?
表の歴史に出ない部分で。良くない意味で。
[ 2013/07/14 12:21 ] [ 編集 ]
[ 11525 ]
前回記事コメ欄の[5303]が地味に役割大きいんだな。
ジェイク氏は日本語が読めないからこの一文を見つけたんだろう。GJだ。

> [ 5303 ]
> 向こうのサイトから見に来る人いるのかな…。
>
> Owner was found.
> He is alive.
[ 2013/03/09 00:21 ]
[ 2013/07/14 12:49 ] [ 編集 ]
[ 11526 ]
>11516

どの国の兵士だって、同じような事やってるよ。もちろん日本だってね。
戦争中は、色んな感情があるだろうさ。
憎悪からもあるかもしれないし、生き延びた事を実感する為の記念的なものもあるかもしれん。
現在の物差しを、当時の状況に当てはめちゃいけない、って言葉はよく聞くけど、これだってそうだろう
戦場から何かを持ち帰るなんて冒涜だ、的な感覚は、まさに現代人のそれだよ。
そして、持ち帰った本人は、現在の感覚で当時を振り返って、自らそういった行為の清算を行ったんだろう。
パクるだの何だので、その行為を他人が貶めるのは、どうかと思うね
[ 2013/07/14 13:13 ] [ 編集 ]
[ 11527 ]
いい話だな、ホントに。
いきさつはよくわからないが、
確かに存在するモノなんだからね。

色々と空想で補って映画化してもらいたい話。
[ 2013/07/14 14:28 ] [ 編集 ]
[ 11528 ]
別に珍しい事じゃないけど、爺さんの出征の時の旗が実家に残ってるわ
爺さんは無事帰ったが、その弟は時期が悪くフィリピンで戦死した
政治的な会話を特にする家じゃないのに、半世紀残してたって事はやはり大事にしてたんだなーと感じた
[ 2013/07/14 14:52 ] [ 編集 ]
[ 11529 ]
これ、凄い話だよね!
それに登場人物みんなが良い人でホッとする話だ。

管理人様ありがとう。
[ 2013/07/14 15:16 ] [ 編集 ]
[ 11530 ]
海外反応系のブログを時々見るが、今まで見た全てのブログの全ての記事で、
間違いなく最高の記事であり、出来事だ

管理人さんには必ず素晴らしい幸運が待ってるよ
[ 2013/07/14 16:36 ] [ 編集 ]
[ 11531 ]
呪われると思ったんだろうな
[ 2013/07/14 16:48 ] [ 編集 ]
[ 11532 ]
もしもアメリカ人ではなく「隣人」の手に渡っていたら、
確実に燃やされたり、破かれたりしてたんだろうね・・・
[ 2013/07/14 17:27 ] [ 編集 ]
[ 11533 ]
11484だけど
良い話良い話言ってるけど
戦後祖父の残した遺品の中に日本兵と思われる頭蓋骨があって
少年が呪われると思って湖に捨てたなんて話もある。
スカルトロフィーを作ってるところを想像してみ
頭部が無い遺体が6割もあったマリアナ
まだ死んだばかりの遺体から頭部を切り離し
肉をそぎ落とし鍋で煮てる様子を想像してみろよ
拳銃や日本刀を戦利品として持って帰ると違うぞ
日本も同じ事してるよとかいう奴
スカルトロフィーを日本で聞いたことあるのか?
日本の捕虜として戦後帰還した兵士が1年に一度集まり昔を懐かしむ国があるのか?
板東俘虜収容所のような収容所があったのか?
何も過去を憎めとは言わないが自虐史観で育てられた能天気さには恐れ入ります。
大事に保管していてくれて嬉しいなんて馬鹿には傾倒しますよ
[ 2013/07/14 17:37 ] [ 編集 ]
[ 11534 ]
これは本当にネットの力だね
他にもハガキとか手紙とか、こういう遺品について相手の国の人がネットで相談、という記事はたまにみるね
その中でも、実際持ち主がわかって還ってくるというケースはまれで、すごいことだと思う

しかし、重さんは管理人が帰国する直前まで御存命で、
親族の方達は「この旗が戻ったことを喜んでおられた」と書かれているし、
スティーブンさんは返す意図をもって旗を持ちかえり、実際もう一枚は30、40年前に返しているのに、

もし戦死していたらとか、残された家族はありがた迷惑なんじゃないとか、戦利品として盗んだくせに、とか
なんでよく読みもしないくせに「いい子ぶった」感想かけるんだろうか
読むの面倒、時間がないというなら、とんちんかんなコメントつらつら書く時間はある不思議
[ 2013/07/14 18:27 ] [ 編集 ]
[ 11535 ]
11533
それはそれ、これはこれって言葉を教えてあげよう
そもそも人間の歴史など蛮行の繰り返しに過ぎないのだから
その中に少しでもある美談に喜ぶのは人として当たり前の感情だよ

米の捕虜の取り扱いは今も昔もかなり酷いってのは知っておいた方いい情報とは思うけどね
南洋での日本兵の生存者が少なすぎるのは玉砕以前に捕虜虐殺が横行してたからだし
生きて虜囚の辱めを受けずという通達は事実に基づいていたと考えるならば
今まで習ってきた歴史の色々が意図的に歪められていたと言うことになるしね
[ 2013/07/14 18:30 ] [ 編集 ]
[ 11536 ]
これと似た話を一昨日くらいにテレビでやってたので
(テレビの方は所有していた方の孫さんがご本人に直接お渡ししたとか)
どうなったんだろうと気になってたんですけど、こっちも戻ったんですね!
[ 2013/07/14 18:35 ] [ 編集 ]
[ 11538 ]
素晴らしいね。
人と人、世代と世代がつながるって本当に素晴らしいと思う。
そこにいろいろ意見があるのは仕方がないけれど、
すべてをまず否定から入っちゃいけないよね。
[ 2013/07/14 19:57 ] [ 編集 ]
[ 11539 ]  
いい話だと思う

が、お前ら知ってたか。ebayでこういった旗や軍刀が売られていることを
japanese と入れるとサジェストでsword ,flagと出てくる

もっとも許せないのは、日本から出品してる外道がいること。
[ 2013/07/14 20:07 ] [ 編集 ]
[ 11540 ]
管理人さん、ありがとう。
あなたの真心が通じましたね。
[ 2013/07/14 20:17 ] [ 編集 ]
[ 11541 ]
これは凄い話だ。
こういう話こそ多くの人に知って貰いたい。
[ 2013/07/14 20:52 ] [ 編集 ]
[ 11542 ]
※11533
偉そうなことほざく前に”傾倒”の正しい使い方を調べましょう(笑)
[ 2013/07/14 21:12 ] [ 編集 ]
[ 11543 ]
グッジョブ!
[ 2013/07/14 21:58 ] [ 編集 ]
[ 11544 ]
>[ 11533 ]
あんたの言い分は間違って無いんだよ。
この元米国兵も、元はノリで持って帰ってる筈。アメリカはそういうのが多い。
だけど時代が変わり、思い返し、後悔もする。この人も国の為に戦ったんだよ、死を賭けて。
だから思う所もあったんだろう。有り難いよ。
骸骨については米国のインディアン戦争の名残だね。
今は時代も違う、近くなったんだよ。
[ 2013/07/14 22:11 ] [ 編集 ]
[ 11545 ]
おおう、これはすばらしい
管理人さん含め、関わった方々のGJに敬意を表します
[ 2013/07/14 22:16 ] [ 編集 ]
[ 11546 ]
旗がネットを介して遺族の元に戻った、というのが素直に感動した。
当時は戦利品だったかもしれないが、持っている本人や子孫が返そうと思ったのは
やはりそれなりの時間を経たからこそ、ではないのかな?
戦争の行為や戦死者や敵国に対する意識の変化というか、感情の変化というか。
ネットを含めて現代的な事例だと思う。

70年近く前の大戦を、捏造してまでゆすりたかりの行為に利用する国は相当に異常。
[ 2013/07/14 22:45 ] [ 編集 ]
[ 11604 ]
良い話だ。戦時中はこんな時代が来るなんて夢にも思わなかったか、
もしくはこの時代がくることを望んで戦ってたんだろうな
[ 2013/07/15 01:27 ] [ 編集 ]
[ 11612 ]
米11533
板東俘虜収容所の話はお門違いもいいところだよ。
日露の露軍捕虜もWWIの独軍捕虜も国策として意図的に優遇されたんだよ。
WWIまでは不平等条約撤廃が外交目標だったから、欧米に文明国と認めてもらうために国内の人権問題よりも優先的に外国人捕虜の対応に金も気も使っていた。政府の方針がそうだったから近隣の民衆もそれにそった行動がしやすかったということ。
しかもWWIIのような本土の被害はない戦争だったし。
日本人は特別みたいな思い上がりはやめとけ。どこでも屑はいるしまともなのも居る。
[ 2013/07/15 01:41 ] [ 編集 ]
[ 11644 ]
そりゃ酷い話もあるだろうけど、少なくともこれはいい話だろう
すべてひっくるめて悪いと断定するなら韓国人と何が違うんだ
俺らは今を生きてるんだ
今現在つっかかってくる連中は叩かせてもらうが自分が経験してもいない過去でぎゃあぎゃあ言いたくはないね
[ 2013/07/15 03:26 ] [ 編集 ]
[ 11656 ]
良い話
登場人物も全てイケメン
[ 2013/07/15 05:50 ] [ 編集 ]
[ 11770 ]
死体から物を剥ぎ取った行為を必死に美談にしようとする人達って何なの?
今頃返した、個人を偲ぶ品が戻って遺族は喜んだ、だから何?
感動だの昔は昔だの、揃いも揃って頭おかしいのか?
[ 2013/07/15 18:16 ] [ 編集 ]
[ 11775 ]
>[ 11770 ]
少なくともこの話は死体から剥ぎ取った訳じゃないよね。
[ 2013/07/15 19:55 ] [ 編集 ]
[ 11805 ]
四十九日とは残念でした。
それにしてもいい話です
[ 2013/07/15 22:44 ] [ 編集 ]
[ 11815 ]
近頃、慰安婦像でアメリカが嫌いでした

でも、アメリカにも良い人は居ます
それは理解してるんですけど、心理的に微妙なんですよね
御免なさい。

それでも、良い話しでした
管理人さん、有り難う
[ 2013/07/15 23:20 ] [ 編集 ]
[ 11822 ]
旗が戻ってきた事実に対して、「今」の彼らが「喜んだ」ならそれは「良い話」だろうよ
もし、彼らが嫌がったり断ったのなら「良い話」にはならなかった
[ 2013/07/16 00:22 ] [ 編集 ]
[ 11830 ]
ん? と言うことは、テレビに出てたのは管理人さん??
[ 2013/07/16 01:43 ] [ 編集 ]
[ 11861 ]
管理人さんに福島民さん、お疲れさまでした。

この旗の行方を首を長くして待っていた者としては、
この朗報は涙なしに読めませんでした。
持ち主の高橋重様がお亡くなりになってしまったという事は
とても残念ではございますが、報告していただき本当にありがとうございました。

最後に、高橋重様の安らかなお眠りを心からお祈り申し上げます。
[ 2013/07/16 10:19 ] [ 編集 ]
[ 11863 ]
ずっと気になってたからその後が知れてほんと良かった。
GJ!!
[ 2013/07/16 10:35 ] [ 編集 ]
[ 11871 ]
映画化決定やね
[ 2013/07/16 14:42 ] [ 編集 ]
[ 11912 ] 管理人さん、素晴らしいよ
翻訳まとめが、つながるはずのなかったものをつなげたんだから!
拍手!
[ 2013/07/16 23:13 ] [ 編集 ]
[ 11915 ]
待ってたよー。


「ジェイクさん」「スティーブンさん」
「福島県民さん」「管理人さん」「旗の帰還を願った皆さん」本当にお疲れ様でした。


そして、重さんお疲れ様でした、心より哀悼の意を表し、お悔やみ申し上げます。
[ 2013/07/16 23:22 ] [ 編集 ]
[ 12027 ]
>>11533
自虐で頭お花畑が多いとかほぼ同意だけどな、この件で言うことじゃないと思うんだ
歴史を考えれば戦争に限らずアメリカとの間には確かに酷いエピソードがいっぱいある
でもそれを今言って何になる?お前の国も~しただろう、じゃあお前の国だって~と永遠に平行線が続くだけだよ
少なくともこれを「保管してた人」が日本兵を殺して奪ったわけじゃないのは確かなんだし

>>11539
なんでも鑑定団にこういう日本国旗もってきたアメリカ人がいて1000万だか2000万だかの値がついた
それを石坂さんが買った
っていうエピソードもあるで…

私もイアンプ像の件でアメリカ、というよりニュージャージーを心の底から嫌ってる
でもこの件のアメリカ人と管理人さんと協力したコメ欄の人たちは素晴らしいと思う
福島に日章旗が帰れてよかった
綺麗に保管しておいてくれてよかった
素直にそう思うし、そう思える環境に生まれて育って幸せだと思う
[ 2013/07/17 15:07 ] [ 編集 ]
[ 12429 ]
おお!続報待ってました
管理人さん乙
関わった皆さんも乙
[ 2013/07/20 06:41 ] [ 編集 ]
[ 12431 ]
とてもいい話しだね。
戦争経験者ということはもうかなりの年齢であるはず、日本語だって覚えるのも大変だ。下手すするとインターネット全くいじれなくてもおかしくもないし。なかば諦めてたこともあるかもしれない、でも多分、年齢的にも長く生きれないかもしれないし返せなくなるも心残りだったのかもしれない。日本とアメリカはガチでやり合ったけど、最初はお互いに舐めきっていた。ちっぽけな黄色い猿と堕落して勇気のない米兵と罵り合いながら・・戦ってみたら上から言われたことと全く違うじゃないか。お互いに本当の戦士だったのが分かったんだよね。本気で戦ってお互いを認め合い、友情に結びつく。日本とアメリカは今後もそういう関係になりたいね。 まとも戦ってもいない韓国や、ほぼ逃げまくってた中国共産党みたいな奴らには分からないだろうね。
[ 2013/07/20 07:58 ] [ 編集 ]
[ 12445 ]
前回のコメントで持ち主がご存命だとわかってたってことは、
お亡くなりになる前には、旗が戻ってくるって知ってたんだよね…多分。
直前に亡くなられてしまって残念だったけど、
亡くなる前に聞けてそれだけでも安心しただろうなぁ…
言い方変だけど、それだけでも十分だったのかもなぁ…
こういう話が聞けてほっこりしたよ
[ 2013/07/20 13:32 ] [ 編集 ]
[ 12541 ]
昔は、日章旗に寄せ書きするときは、日の丸を避けて書いてたんだよな・・不敬になるという理由で
今は日の丸に字やイラストを重ねるのすら当たり前になってるが、これも時代の流れという奴なのかな
[ 2013/07/23 13:26 ] [ 編集 ]
[ 13050 ]
親族たちの寄せ書きのされた日の丸を見ていると、込められた思いというモノを想像してしまう。
「次集まるのは戦勝の暁に」だってさ。この方は帰還できて本当に良かった。
で、そういう思いのこもった旗が、ご本人の亡くなった後だとしても一族の下に帰ってきて本当に良かった。
[ 2013/08/01 02:11 ] [ 編集 ]
[ 13769 ]
あるべき場所に戻ったんですね。
よかった。
[ 2013/08/11 16:10 ] [ 編集 ]
[ 13917 ]
素直に喜ぼう!管理人GJ!
[ 2013/08/14 14:00 ] [ 編集 ]
[ 16299 ]
こういう旗が焼かれたり破かれたり捨てられるより
故郷で親族の元に戻される方が誰だって嬉しいに決まってんだろうが
満州に居たのにアメリカ人が持ってるって事は・・
仲間か誰かが売ってたのを買い取ったんじゃないかねぇ
[ 2013/09/16 05:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

おすすめの記事
プロフィール
2012年11月開設

このブログについて

facebook icon twitter icon feed icon
おすすめ
スポンサードリンク