韓国、平沢市に巨大な「中国人都市」を整備する計画…海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
おすすめブログの更新情報
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

韓国、平沢市に巨大な「中国人都市」を整備する計画…海外の反応

韓国はソウルの南東に位置する京畿道平沢市、「中国人都市」とも言えるような巨大なチャイナ・タウンを整備する計画が進んでいるようです。

中国人観光客の主要な入国ルートの一つである平沢港に隣接する玄徳地区に建設される予定で、2022年までにマカオや香港のような観光・ショッピング都市を整備する計画。中国人向けのホテル、免税店が入居する大規模商業施設、K-POP公演施設、国際会議場などを建設し、年間2000万人の中国人観光客を誘致を見込んでいるようです。
 黄海経済自由区域庁は、中国城開発が昨年7月に申請した「中国城(チャイナ・キャッスル)」事業の実施計画に対する検討作業が終わり、承認手続きを進めている。中国城開発は2013年に中国の不動産、建築資材関連企業、力勤控股が50%、韓国の個人投資家が30%、中国の個人投資家が20%をそれぞれ出資し、資本金500億ウォン(約46億円)で設立された特別目的会社(SPC)だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/05/2016050500486.html


平沢市(ピョンテクし)は大韓民国京畿道南部にある市。新興の港湾都市であり、韓国海軍第2艦隊及び在韓米軍の軍港がある。

平沢市 - Wikipedia

中国人の攻略法



tweet Like hatena google+

おすすめの記事





以下、海外の反応。

 

 

・ヤバ過ぎるだろ。

 

・平沢市に中国の都市と米軍基地が同居することになるのか。

 

・中国経済がマズイ状況になってるのに。タイミングが悪すぎる。

中国大恐慌

 

 

・すでに韓国にはチャイナ・タウンがあるのに、これ以上、作る必要があるのか?

 

・中国の金は流入するだろうけど、問題も発生するよ。香港の人間でさえ、中国本土の人間に対して文句を言ってるのに。

 

・奴らに隙を与えるのは良くないよ。

 

・中国人は中国の中に留めておく方がいい。

・もう中国人は韓国に入ってきてるから止められない。洪水を止めようとしても無駄なんだ。もう済州島は中国人のものになってる。


・すでに済州島は中国人がいっぱいだよ。ショッピング・モールには中国語を話せるスタッフがいる。看板にも韓国語と中国語が書いてある。


 

中国人

 

 

・アメリカにもコリアン・タウンはあるんだから、韓国にチャイナ・シティができても問題ないだろ。

・アメリカの大都市の一部がコリアン・タウンになるのと、韓国の土地の大部分を中国人が買い占めるのはわけが違う。


 

 

・どのみち中国人が韓国の土地をどんどん買ってるんだから、同じことだよ。政府が解決策を見つけない限り、韓国はそのうち中国のものになる。実際、済州島はもう中国人のものになってる。

 

 

出典:Reddit

tweet Like hatena google+

おすすめの記事



FC2ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



[タグ未指定]
[ 2016/05/05 11:45 ] 国際 | CM(3)
おすすめの記事


最新記事


[ 32623 ]
属国らしい配慮
[ 2016/05/05 14:01 ] [ 編集 ]
[ 32624 ]
韓国にはチャイナタウンは無いんだよ
 20年くらい前に世界で唯一チャイナタウンが撤退した国だからね
欧州とかでは下水道を住居にしても住み着く中国人が逃げ出す…そんな場所が韓国なのである

上手く人が入ったとしても15年か20年でまだ撤退するだろうねぇ
[ 2016/05/05 14:24 ] [ 編集 ]
[ 32625 ]
少なくともチョンが朝鮮治めるよりチンクが治めた方がうまく行くと思うよ
どちらも近代未満で全体主義国家なんだから問題ない
[ 2016/05/08 19:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

おすすめの記事
プロフィール
2012年11月開設

このブログについて

facebook icon twitter icon feed icon
おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。