ドイツの副首相「ドナルド・トランプは平和と繁栄にとっての脅威」…海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

ドイツの副首相「ドナルド・トランプは平和と繁栄にとっての脅威」…海外の反応

ドイツの副首相兼経済・エネルギー相を務めるジグマール・ガブリエル氏が、「ドナルド・トランプは平和と繁栄にとっての脅威だ」と発言したことが話題になっています。ドイツで毎週日曜日に発行されている新聞、「Welt am Sonntag」のインダビューで、ガブリエル氏はトランプ氏を「右翼の大衆迎合主義者」と呼び、「ドナルド・トランプ、マリーヌ・ル・ペン、ヘルト・ウィルダースのような右翼の大衆迎合主義者は、平和と社会的結束だけでなく、経済成長にとっても脅威となる」と語りました。


ジグマール・ガブリエル(Sigmar Gabriel、1959年9月12日 - )は、ドイツの政治家。ドイツ社会民主党(SPD)所属。1999年から2003年までニーダーザクセン州首相。2005年から2009年まで、第一次アンゲラ・メルケル内閣で環境・自然保護・原子力安全相を務めた。2009年よりSPD党首。2013年末に発足した第三次メルケル内閣で副首相兼経済・エネルギー相を務める。

ジグマール・ガブリエル - Wikipedia

トランプの魔力



tweet Like hatena google+



以下、海外の反応。

 

 

・ドナルド・トランプに反対したいなら、バーニー・サンダースに投票するしかないな。ヒラリー・クリントンはトランプに負ける。サンダースならまだ望みはある。

・バーニー・サンダースはヒラリー以外なら誰でも勝てるんだけどな。


 

 

・トランプが大統領になるのを防ぎたいなら、トランプについて語るのを止めることだよ。トランプは反対意見を飲み込み、それを有権者に支持されるような形で吐き出すんだ。火に油を注ぐのを止めるべき。

 

・僕はトランプの支持者ってわけじゃないけど、他の国の政治家がわざわざその名前を出してると、その候補者を贔屓したくなるんだよね。

 

・誰のための「平和と繁栄」なんだ?

・「全世界の」だろ。アメリカは世界中の全ての人に対して影響があるから。


 

 

・アメリカ人ならこんなことを聞くとドナルド・トランプに投票したくなる。ドイツ人なんて頭がおかしいと思ってるから。

・ヨーロッパの人間もみんなそう思ってるよ。


・アメリカにはドイツ系が多いんだけどな。トランプもそうだし。


 

 

・「平和と繁栄にとっての脅威」って、それメルケル首相のことだろ。

 

・難民問題でヨーロッパを大混乱に陥れたドイツが言うな。

 

・他の国の政治家が口を出さない方がいいと思うよ。もし当選してしまったら、その後の外交に悪影響を及ぼすから。

 

・20世紀も21世紀も、世界にとっての脅威はドイツなんだよな。

 

・たしかにトランプは怖すぎる。僕はトランプには絶対に投票しないね。でもヒラリーにも投票したくない。選挙の日は家で過ごすよ。

・お前が投票に行かなければトランプが勝つよ。


 

 

・平和にとっての脅威かどうかはわからないけど、トランプは現在の状況を揺さぶるだろう。そしてそれは良いことだと思う。

 

・ドイツはまず国内の難民問題をなんとかしろよ。

 

 

出典:Reddit

tweet Like hatena google+

[タグ] アメリカ
[ 2016/03/07 15:33 ] 国際 | CM(1)


最新記事

[ 32545 ]
トランプはまともじゃねぇよ。そんなの見りゃ分かる。
しかし、それを批判する連中は自分達がまともじゃない事を巧妙に隠して、
常識人ぶってるだけの気がするのも事実。

一皮向いたらどっちも同じなんじゃ無いの?

それなら分かりやす方がいいじゃないか。少なくも腹は立たないだろ。
それがトランプ現象って気がするけどな。
[ 2016/03/07 17:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。