海外「ついに中国経済が終わるのか」中国株が暴落、2度目のサーキットブレーカー…海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

海外「ついに中国経済が終わるのか」中国株が暴落、2度目のサーキットブレーカー…海外の反応

中国の株式市場は現地時間の2016年1月7日の午前から売りが殺到。午前10時前には上海・深圳両市場の値動きを示す指数が7%値下がりし、取引開始から約30分で、相場の急変時に取引を停止する「サーキットブレーカー」制度が適用されました。中国は今年の1月4日にこの「サーキットブレーカー」制度を導入、その初日に株が急落して早くも発動して取引停止。
 上海総合指数は前日比1.55%安で取引が始まった。その後急速に下げ幅を広げた。中国の通貨、人民元が下げ止まらず、資本流出懸念から株式投資家がリスク回避姿勢を強めたことが要因だ。

http://www.nikkei.com/markets/kaigai/asia.aspx?g=DGXLASGM07H3M_07012016MM0000


サーキットブレーカー制度( サーキットブレーカーせいど、Circuit Breaker)とは、先物取引において先物価格が一定以上の変動を起こした場合に、相場の安定化のために発動する措置のことである。主に値幅制限や取引中断の措置がとられる。

サーキットブレーカー制度 - Wikipedia

余命半年の中国経済



tweet Like hatena google+



以下、海外の反応。

 

 

・しっかりしろよ、中国。

 

・今週の中国はヤバ過ぎる。

 

・3日前にも同じニュースを見た気がする。

・永久に真実を隠しておくことなんてできないんだよな。いつかは尻尾を出すんだよ。


 

 

・これが世界規模の大暴落じゃなくて良かった。

・世界規模の大暴落だよ。欧米は中国に多大な投資をしてきた。こういう場合のグローバリゼーションは厄介なんだ。全ての経済は繋がっているからね。明日のダウはかなり下がるだろう。


 

株の学校

 

 

・誰だよ、中国が近い将来、世界一になるから、中国の株を買っておけと言った奴は。

 

・一方、ビットコインは急激に値上がりしていた。

 

・金とビットコインの相場が急に上がった理由はこれか。

http://jp.investing.com/currencies/btc-usd

http://jp.investing.com/commodities/gold

 

ビットコインとはなにか

 

 

・中国が株の取引を停止すると、何がどうなるんだ?

・売りが殺到するパニックを止めることができる。要するに、落ち着いて考えよう、って意味があるんだよ。取引の自動化によって、物事はすごく速く動くようになったからね。


・投資家に落ち着いて考えさせることができるんだよ。1日で20%以上も下げるかわりに、7%の下げで済む。


・アメリカにも同じ仕組みはあるよ。


・でもアメリカも1週間に2度も発動したことはない。


 

 

・またか。そろそろ自分も心配した方がいいのかな?

・心配しなくていい。アホな投資家が未熟な市場で危険な賭けをしていただけ。


・中国の株式市場はアメリカの株式市場に比べれば、めちゃくちゃ小さい。だから中国の人口のうち、僅かな割合の人間が被害を受けただけ。


 

中国の終わり

 

 

・明日、アメリカの株式市場はとんでもないことになりそう。

 

・BRICsのうち、生き残ってるのはインドだけじゃねえか。

 

・トウ小平はかつてこう言った。「市場経済が社会主義でも可能かどうか、やってみよう。失敗したら止めればいい。」

 

・中国の経済は終わった。

 

 

出典:China shuts down stock market after 15 min 7% loss.

tweet Like hatena google+

[タグ] 中国
[ 2016/01/07 18:03 ] 国際 | CM(3)


最新記事

[ 32249 ]
中国人はもうドルとビットコインだけで生きていけ
[ 2016/01/07 20:38 ] [ 編集 ]
[ 32250 ]
鄧小平なら出来たかもしれないけど
コンペイには荷が重かったってこと
[ 2016/01/07 23:50 ] [ 編集 ]
[ 32251 ]
80年代の日本の好景気はアメリカに潰されたけど(アメリカが貿易赤字だからと円高にされ、トヨタを初め、日本企業が大々的にバッシングされ、エコノミックアニマルのレッテルを貼られて日本企業は労働時間を減らすように勧告され、多くの日本人が堅実に貯蓄する傾向を愚かだとして株等の投資に金を使うように促し、日本の学校教育は詰め込みだとかダメだとかイチャモンつけられ、等々)、日本が大人しく労働時間を減らす中、アメリカは労働時間を増やして行き、日本はゆとり教育へ誘導されて学力が低下し、おかげでバブル崩壊がソフトランディング出来ずにひどい目に合った。
でも当時の日本とは違い、中国はアメリカの自分勝手な干渉がないのに、自滅してるのが驚きだ。
アメリカと中国は決して信用しちゃいけない。
戦前もアメリカは絶対に裏切らないというのが軍上層部の主流だったから、アメリカが敵に回ったらどうするという士官の意見書を取り上げず、日本はアメリカのお得意様だから、アメリカが日本へ資源を売るのを止めるわけがないと信じていた甘ちゃんだったし。
[ 2016/01/08 08:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。