なぜ日本の有罪判決率は99%なのか?…海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

なぜ日本の有罪判決率は99%なのか?…海外の反応

イギリスの新聞社、「エコノミスト」による動画「なぜ日本の有罪判決率は99%なのか?」に対する海外の反応をまとめました。以下は動画の内容の要約。

日本の有罪判決率は99%、

人口10万人あたり刑務所に服役中の犯罪者の数
日本:48人
イギリス:148人
アメリカ:698人

狭山事件で有罪判決を受けた石川一雄さんは、取り調べのとき、無罪であると確信しながらもサインをしてしまったことを後悔していると言います。

刑事訴追の過程で自白する人の割合は89%、被疑者が勾留される最大期間は23日、取り調べ中の弁護士への連絡は限定される。

日本の刑務所は非常に厳しい。また、死刑囚は死刑執行の時を、その日の朝になって初めて知らされる。


日本の刑事裁判では、有罪率は統計が有る1957年以後は毎年99%以上であり、無罪率は0.0%未満(無罪率が最も高い年度でも有効数の出現は小数第2桁以下)である。前記のような有罪率・無罪率に対しては、日本の刑事裁判が被告人・弁護人の主張を採用し真実と認定または適切と評価する事例が希少であり、被告人の権利が十分に保護されていない、有罪率99%以上は極めて異常であると批判する意見がある。その反対で有罪率99%以上は異常ではないという認識・意見もある。

日本の刑事司法 - Wikipedia

虚偽自白はこうしてつくられる



tweet Like hatena google+



以下、コメント欄のまとめ。

 

 

・日本では絶対に犯罪を犯さないようにしよう。

 

・結局、日本の有罪判決率が高いのは何だったの?

・弁護士がいない状況で何日も取り調べに拘束されるから罪を認めざるを得なくなる。


 

 

・こういうのを見ると、自分はアメリカに住んでて良かったと思える。

 

・アメリカの司法制度も完璧ではないけど、日本よりはマシだな。

 

・絞首刑は死刑執行の方法として非人道的だと思う。

・殺人犯に対する罰に人道的もクソもないだろ。


 

 

・日本の司法制度がこんなに厄介だとは思わなかった。日本は理想郷だと思ってた。

・むしろこういう司法制度が日本を理想郷のように見せているのかも知れないね。


 

 

・日本の刑務所に比べるとアメリカの刑務所は遊園地のように見えるかもしれない。

・メキシコやその他の発展途上国の刑務所に比べたらアメリカの刑務所は遊園地だろうな。


 

 

・日本っておかしな国だな。日本の刑務所にもパンティーの自動販売機があるんだろ?

 

・毎日4時間、死刑執行の時を待つ生活を何年も続けるのか。想像を絶するな。

 

・こんなシステムなら、犯罪率は高くても本当に罪を犯した人だけが有罪になる国の方がマシ。

 

・アニメの『PSYCHO-PASS』の世界もそこまで現実離れしてないってことか。

PSYCHO-PASS

 

 

・恐ろしい国だな。

 

・それでも日本は最高の国だよ。夜中に女性が安全に出歩けるんだから。

 

・アメリカの刑務所は入所者が多過ぎる。税金で犯罪者に服や食べ物を与え、しかもその多くは再犯なんだよ。

 

・日本の犯罪率が低いのは日本には移民がほとんどいないからだろ。

 

・日本の有罪判決率が99%なのは、日本には名探偵コナンや成歩堂龍一やレイトン教授がいるからだね。

 

tweet Like hatena google+

[タグ未指定]
[ 2015/12/15 19:33 ] 日本の社会 | CM(7)


最新記事

[ 32118 ]
日本はどんなに文句や不満、世論の後押しがあろうとも
起訴担当検事がわずかでも敗訴(=被告無罪)可能性があったら
独断で不起訴にしてよい、と明文法で定められてる
ゆえに敗訴(無罪判決)の全責任は起訴した検事が被る
ゆえにうまくやれば無罪にできそうな案件はまず起訴されない
[ 2015/12/15 20:59 ] [ 編集 ]
[ 32119 ]
そういえばトヨタのアメリカ人女性役員が麻薬密輸容疑で逮捕されたけど、この人どうなった今牢屋の中?
[ 2015/12/15 21:59 ] [ 編集 ]
[ 32120 ]
いやいや、絶対に有罪にできるって証拠がない限り、警察が不起訴処分にするからだよ
かな~り怪しくても不起訴処分になった殺人犯?とかいるから
[ 2015/12/15 22:33 ] [ 編集 ]
[ 32121 ]
米国の刑事ドラマをよく視ているが、証拠等で有罪確定が間違いない場合は

「 司法取引 」で、裁判そのものが行われない。 罪を認める代わりに、刑期を短くしてもらう。

裁判(陪審、本審)になるのは、有罪/無罪が「 50:50 」の判断が非常に難しい場合なので、
無罪になる場合が比較的多い。弁護士が弁論を尽くして、陪審員を説得して無罪に持ち込もうとする。

[ 2015/12/15 23:12 ] [ 編集 ]
[ 32122 ]
アメリカやイギリスの場合は警察での調書にサインする時に国家に対する宣誓を行わせる。
これは国家に対して嘘を吐く人間はいないという大前提の下に行われていることで、自分が犯人ですと嘘の供述をした場合も調書にサインしてしまうと裁判の前に有罪が確定することになる。
そのためアメリカやイギリスの場合は警察での取調べで自白した場合の有罪率は100%ということになっている。
特に現在でも保安官制度が残るアメリカの地方都市の場合は保安官による昼夜を問わない取調べに耐え切れずに嘘の自白をしてしまうケースもあり、旅行者等が軽微な冤罪を認めて罰金を支払い開放された事件なども横暴な保安官という構図で映画やドラマで描かれる場合もある。
[ 2015/12/16 03:40 ] [ 編集 ]
[ 32128 ]
外人の発想は貧弱だなぁ
 日本は、他の国だと100%有罪レベルの状況であっても証拠が揃わない限り起訴しないだけだ
裁判で証拠や証言を基に有罪無罪を争うレベルなら犯人は容疑者は起訴されないんだよ…人を殺しても警察の取り調べ方法が悪い場合は無罪とか、そういうレベルなのよん

まぁ、代わりに首がちょん切れてから、ビルから飛び降りしても自殺だし、頭を10km以上離れた所に落っことしても自殺になる警察を持つ国ですよ…
[ 2015/12/16 22:04 ] [ 編集 ]
[ 32130 ]
陪審員制度というアホな制度が主流の国は判決覆ること多い
証拠揃ってても陪審員の感情だけで無罪になったりするからな
[ 2015/12/17 07:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。