『火垂るの墓』の作者、野坂昭如氏の訃報に海外のファンからも悲しみの声…海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

『火垂るの墓』の作者、野坂昭如氏の訃報に海外のファンからも悲しみの声…海外の反応

『火垂るの墓』などで知られる直木賞作家の野坂昭如さんが2015年12月9日午後10時30分、心不全で亡くなりました。85歳でした。1930年に神奈川県鎌倉市で生まれ、歌手、コント作家、作詞家など様々な分野で活躍し、1967年に『火垂るの墓』『アメリカひじき』で直木賞受賞。1983年に参議院議員に当選。
1967年には、『火垂るの墓』『アメリカひじき』で直木賞受賞。また、社会評論も多数執筆するようになり、「焼跡闇市派」を名乗り、その体験から既存の右翼・左翼それぞれを批判していく評論活動を行う。
また、講談社の編集者・大村彦次郎と「酔狂連」というグループを結成。メンバーは、当時の若手作家である筒井康隆、田中小実昌、長部日出雄、小中陽太郎、泉大八、滝田ゆう、後藤明生、佐木隆三、阿部牧郎、華房良輔、黒田征太郎、吉村平吉、揚野浩、村松博雄、安達瞳子(華道家)、金井美恵子ら。「中華そばの屋台の引き方」や「チャルメラの吹き方」を習うなど、まさに酔狂な遊びをした。

野坂昭如 - Wikipedia

野坂昭如



tweet Like hatena google+



以下、海外の反応。

 

 

・つい先週に『火垂るの墓』を見たばかりだった。

 

・アニメを見たことがないって人にはいつも『火垂るの墓』を見せるんだ。すると絶対にアニメに興味を持ってもらえる。

 

・『火垂るの墓』ほど僕の心の奥底まで触れた作品はなかった。すごく悲しいけど、見終わった後は世界が美しく見えた。

火垂るの墓

 

 

・あんなに心を揺さぶられる映画は他にはない。

 

・今日は『火垂るの墓』をもう一度見ようかな。

・この訃報ですでに落ち込んでるんだが。


 

 

・『火垂るの墓』でファンを泣かせて、訃報でまた泣かせるのか。

 

・まだ新品の『火垂るの墓』のVHSを開封せずに置いてある。

 

・なんか偉大な人達がどんどん亡くなっていくな。悲しすぎる。

 

・2015年はたくさんの人が逝ってしまう年だった。まるでホタルのように。

 

・今年はアニメ業界の人がたくさん亡くなったな。

・松来未祐さん、水木しげるさん、白川澄子さん、あと誰だっけ?


・大塚周夫さんとレナード・ニモイさん、二人とも『キングダムハーツ』のマスター・ゼアノートの声優を担当してた。


・任天堂の岩田聡さんも今年だな。


 

 

・そして2015年ももうすぐ終わってしまう。

 

・さよなら、野坂昭如さん。本当にありがとう。

 

 

出典:Nosaka Akiyuki, the author of Grave of the Fireflies, passed away at the age of 85

tweet Like hatena google+

[タグ未指定]
[ 2015/12/11 13:33 ] アニメ | CM(6)


最新記事

[ 32095 ] 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/12/11 14:11 ] [ 編集 ]
[ 32096 ]
ご冥福をお祈りいたします。
[ 2015/12/11 14:27 ] [ 編集 ]
[ 32097 ]
野坂は自分はあんなに優しくなかったと言ってたな
妹が夜泣きしたら殴ってたと
もっと優しい兄でいてたらなによりも自分だけ助かって妹を死なせてしまった贖罪があの名作になったのかと
[ 2015/12/11 20:50 ] [ 編集 ]
[ 32098 ]
わッかるかなぁ?わかンねェだろうなァ
[ 2015/12/11 21:06 ] [ 編集 ]
[ 32099 ]
中日新聞が
火垂るの墓は反戦作品だと書いたが
本人が言ったソースが調べても出てこない
[ 2015/12/12 01:55 ] [ 編集 ]
[ 32101 ]
つか、反日が戦後の日本人は酷いんだぞ、と、
喧伝するために海外に売り付けたら

アメリカではトラウマ続出、
我々のせだとでも言いたいのかと、罵られ。
植民地扱いの国はさらに白人どもにひどい目にあってるので
主人公が我慢弱いと批判続出し、
むしろ引き取ったおばさんがよく引き取ったな
普通なら叩き出してるよなと日本人は流石だな
と言われる始末。

まー、そーゆー曰く付きの作品。
[ 2015/12/13 19:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。