ハリウッド映画版『デスノート』の夜神月役にナット・ウルフ…海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

ハリウッド映画版『デスノート』の夜神月役にナット・ウルフ…海外の反応

漫画、アニメが大ヒットし、実写映画化、テレビドラマ化もされた『デスノート』がハリウッドで実写化されるという企画が進行中。気になる主役の夜神月にナット・ウルフの名前が挙がっているそうです。ハリウッド実写版製作企画を進めているのはワーナー・ブラザース社で、監督はアダム・ウィンガード。
現在20歳のウルフは、ソニー・ピクチャーズがマーベルと共同で手がける新「スパイダーマン」でもタイトルロールの最終候補に残った注目株。「きっと、星のせいじゃない。」の原作者ジョン・グリーンのエドガー賞受賞作を映画化した「ペーパータウン(原題)」では、英モデルで女優のカーラ・デルビーニュと主演を務め、10月10日公開の「マイ・インターン」にも出演している。

http://eiga.com/news/20150930/20/





tweet Like hatena google+



以下、海外の反応。

 

 

・これは期待できない。

 

・日本が実写化したのも悪くなかったんだから、もう作る必要ないと思うが。

 

・『デスノート』は実写に向いてると思う。

 

・アニメ版のファンは気の毒だな。

・ファンとしてはアニメや漫画とどう違うかを見るのが楽しみだな。原作に忠実なのはすでにあるから。


・日本が実写化した2本の映画よりはマシになるだろう。


 

 

・監督も役者もよく知らないから何とも言えないな。

・アダム・ウィンガード監督の『ザ・ゲスト』はオススメだよ。80年代のスリラー映画とアクション映画のオマージュとしてよく出来てる。


 



ザ・ゲスト

 

 

・ナット・ウルフは『パロアルト・ストーリー』でも輝いてたから、今回も楽しみ。



パロアルト・ストーリー

 

 

・アダム・ウィンガード監督は結構好きだな。ナット・ウルフも『Paper Towns』での演技が良かった。

 

・Lは誰が演じるんだろうか。

・どうせLもアジア人以外の役者がやるんだろう。


・そもそもLは白人でイギリス人だからな。


・『進撃の巨人』はヨーロッパ系のキャラクターを全部アジア人がやってたからな。ナット・ウルフが夜神月をやってても問題はない。


 

 

・Lはジョゼフ・ゴードン=レヴィットがいいな。

・俺はデイン・デハーンかな。


・マイケル・セラは?


・ジョニー・デップだろ。


・ジャスティン・ビーバー。


 

 

・自分は『デスノート』を見てアニメにハマったし、今でも『デスノート』が最高のアニメだと思ってる。ストーリー、キャラクター、全て最高だ。

 

・アニメで唯一、ハリウッドに映画化してほしいのは『MONSTER』だな。

 

・リュークをどう描くのかが楽しみだな。夜神月の父親はゲイリー・オールドマンかブライアン・クランストンがいいな。Lはベン・ウィショー、ミサはクロエ・グレース・モレッツ、ワタリはマイケル・ケインかな。

 

 

出典:Nat Wolfe Cast As Lead In Death Note Live Action Film

 

tweet Like hatena google+

[タグ] 映画
[ 2015/10/02 19:33 ] アニメ | CM(0)


最新記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。