杉原千畝氏の「命のビザ」がユネスコの記憶遺産の候補に…海外の反応 - 海外から見た日本


海外から見た日本トップページへ 
おすすめブログの更新情報
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

杉原千畝氏の「命のビザ」がユネスコの記憶遺産の候補に…海外の反応

第二次世界大戦中、多くのユダヤ人を救った杉原千畝氏の「命のビザ」がユネスコの「記憶遺産」に推薦されることになりました。2017年の登録には他にも群馬県高崎市にある古代石碑「上野三碑」も候補に選ばれています。
最終候補に選ばれたのは、「杉原リスト 1940年、杉原千畝が避難民救済のため人道主義・博愛精神に基づき大量発給した日本通過ビザ発給の記録」。外務省が所蔵する2139人分の査証発給リストや外務省とのやり取りを示す公電、八百津町が所有する自筆のビザの記載があるパスポートのほか、NPO法人「杉原千畝命のビザ」が所有する自筆の手記などが対象となっている。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/24/sugihara-chiune_n_8187666.html


杉原 千畝(すぎはら ちうね、1900年(明治33年)1月1日 - 1986年(昭和61年)7月31日)は、日本の官僚、外交官。
第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情。1940年7月から8月にかけて、外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られる。

杉原千畝 - Wikipedia

六千人の命のビザ杉原千畝



tweet Like hatena google+

おすすめの記事





以下、海外の反応。

 

 

・素晴らしい。杉原千畝氏は記憶遺産にふさわしいよ。

 

・中国、韓国、北朝鮮は反対するんだろうな。英雄として認められるのに国籍は関係ないんだけどね。

 

・これは絶対に記憶遺産に登録するべき。あの恐ろしい戦争の中での数少ない人道主義的な行為にスポットを当てることになる。

 

・岐阜にある杉原千畝記念館に行ったことあるよ。



 

 

・第二次世界大戦ではいろんな国の人が亡くなってるのに、マスメディアやハリウッド映画はドイツだけを敵にして、ユダヤ人だけを被害者として扱って、アメリカ軍だけを英雄として描くんだよな。

 

・「樋口季一郎」でググッてみるといい。彼も東条英機の許可を得て多くのユダヤ人を救った人だ。

 

・東条英機はユダヤ人を満州に逃がす許可を出したんだよ。
1938年(昭和13年)3月、ユダヤ人18名がナチスの迫害下から逃れるため、ソ連〜満州国の国境沿いにある、シベリア鉄道・オトポール駅(現在のザバイカリスク駅)まで避難していた。しかし、彼らは亡命先に到達するために通らなければならない満州国の外交部が入国の許可を渋り、足止めされていた。樋口はこの惨状に見かねて、ユダヤ人に対し、直属の部下であった河村愛三少佐らとともに即日給食と衣類・燃料の配給、そして要救護者への加療を実施、更に膠着状態にあった出国斡旋、満州国内への入植斡旋、上海租界への移動の斡旋等を行った。

樋口季一郎 - Wikipedia

ユダヤ難民を救った男 樋口季一郎

 

 

・当時の政府からは非難されていたけど、ようやく英雄として認められるんだね。

 

・杉原千畝氏が生きていたときは政府から蔑まれていたんだよね。これでようやく彼も安らかに眠れるだろう。

 

・1937年に日本軍から中国の民間人を守ったジョン・ラーベも同じように評価してほしいな。
ジョン・ハインリヒ・デトレフ・ラーベ(John Heinrich Detlef Rabe, 1882年11月23日 - 1950年1月5日)は、ドイツ人商社員。シーメンス社の中国駐在員(のち中国支社総責任者)として約30年に渡って中国に滞在し、日中戦争の南京攻略戦時には民間人の保護活動に尽力した。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)南京支部副支部長。南京安全区国際委員会委員長。

ジョン・ラーベ - Wikipedia

ジョン・ラーベ

 

 

・日本人が他のアジア人を救ったっていう話はないのか?

 

・同じようにユダヤ人を救った中国人がいたはずなんだけどな。なぜその人の名前が出てこないんだろう。

・その人の名前を推薦するのは中国政府の仕事だろ。


 

 

・人間の歴史で最も残酷な日々の中で、彼の行った人道主義的行為は尊敬に値する。

 

・ユネスコには是非、これを認めてほしい。

 

 

出典:Japan TodayFacebook




 

2015年12月5日に杉原千畝氏の映画が公開されるようです。



tweet Like hatena google+

おすすめの記事



FC2ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



[タグ未指定]
[ 2015/09/26 11:03 ] 日本の文化 | CM(9)
おすすめの記事


最新記事


[ 31637 ]
日本人が他のアジア人を救ったっていう話はないのか?

腐るほどあるだろ
アジア解放戦争やぞ
終戦後も日本兵は各地で地元民とともに白人と戦った
[ 2015/09/26 11:56 ] [ 編集 ]
[ 31638 ]
これも色々偏ってそうだよね
裏で絶対に政府が支えてたというか見逃してたと思う
杉原さんが出したビザで来た人を送り返すと思うんだけど
それもせずに普通に通過させちゃってるのが不思議

[ 2015/09/26 12:27 ] [ 編集 ]
[ 31639 ]  
東条英機がユダヤの逃亡援助を承認してたという事は当時の国策
政府からは非難されてたとか政府から蔑まれていたとかって
少し考えりゃ矛盾だと分かる
戦後の扱いは外務省の派閥争いとか(千畝はロシア閥だと思われた)
戦前の関係者に英雄を作りたくなかったGHQの政策とか
あまり公にしたくなかった本人の気持ちとか複合的なものの結果。
[ 2015/09/26 13:39 ] [ 編集 ]
[ 31640 ]
小野寺武官の奥さん日本に帰る時ロシアの駅で沢山の外人たちに囲まれて
「日本人ありがとう!」とされてなぜ???だったけど後で杉原さんが
やったことを知ってあの人たちが満州目指してたユダヤの人たちだったと
分かったエピソード好きだな ジョンラーベはただの武器商人だろ
[ 2015/09/26 15:35 ] [ 編集 ]
[ 31641 ]
戦後杉原が冷遇されてるように見えるのは単にGHQの占領政策で外交官の仕事がなくなっただけの話。
政府方針に逆らってビザ発給したのなら入国も通過もできないのだから単純な矛盾。
ラーベが日本軍から民間人を守ったってのはなんのジョークだ?そのラーベが委員長やってた安全区国際委員会が出した文書に民間人居留地を攻撃しなかったことに対する感謝の弁が記載されてるんだぞ。
[ 2015/09/26 15:45 ] [ 編集 ]
[ 31642 ]
WIKIの杉原千畝の項を読んでみたけど、やたらと杉原を悲劇の英雄に仕立て上げようとする記述ばかりで笑った。
その反面、日本政府については言動を曲解して非難してる。例えば
「今はシナ事変の対応で忙しいから、ユダヤ難民に大勢来られても困る。ただし通過するだけならいいよ」
という訓令に対して
「日本政府はユダヤ人差別をしていた」
と決め付けている。
杉原信者ってやたらと日本を敵視するけど、どうしてなんだろうねえ?
[ 2015/09/26 17:59 ] [ 編集 ]
[ 31644 ]
東条はあくまで事後承認しただけであって樋口のユダヤ人救出に直接の関係はない。

外務省が杉原に対して冷遇だったのは事実だろう。単にGHQのせいならユダヤ人の問い合わせを
黙殺してたことの説明ができない。

ドラマなどで過度に日本政府や外務省を反ユダヤ的に描くのはどうかと思うがそれに対する
反発からなのか、まるで日本の国策としてユダヤを救出しようとしてたかのように思いたがるのも
単純すぎる。
[ 2015/09/27 10:57 ] [ 編集 ]
[ 31645 ]
また中韓がじゃまするんやろうな。
関係なくてもいいかがりつけるはず。
[ 2015/09/27 18:03 ] [ 編集 ]
[ 31725 ]
有効なビザを発行してるんだから、
日本政府が許可してるって事だわな。

で、東條英機の方はナチスの抗議を押し切って、
満州を通過させ日本上陸させたのに、
これは無かったことになってるんだな。
[ 2015/10/04 19:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

おすすめの記事
プロフィール
2012年11月開設

このブログについて

facebook icon twitter icon feed icon
おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。