海外から見た日本 - 海外の反応、日本に対する世界の評価


海外から見た日本トップページへ 
おすすめブログの更新情報
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

ついに『ポケモン』が実写映画化!『名探偵ピカチュウ』を元にしたストーリーに…海外の反応

スマホゲームの『ポケモンGo』が世界中を席巻する中、ついに「ポケットモンスター」が実写映画化されることがわかりました。映画化の権利を得たのは『ゴジラ』や『パシフィック・リム』などのレジェンダリー・ピクチャーズ。製作は2017年から始められる予定であるとのことです。配給は日本以外ではユニバーサル・ピクチャーズが、日本では東宝が行うそうです。

ストーリーの元になるのはニンテンドー3DS用ゲームソフト『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』であるということです。



名探偵ピカチュウ

スポンサーサイト
[タグ] 映画
[ 2016/07/22 12:33 ] 日本の娯楽 | CM(0)

海外「こんなのファイナルファンタジーじゃない」ファイナルファンタジー15の最新プレイ動画に失望の声…海外の反応

世界中で期待されているファイナルファンタジーシリーズの最新作、『ファイナルファンタジー15』の最新プレイ動画が話題になっています。現在、アメリカのロサンゼルスで開催されている世界最大のコンピュータゲーム見本市、「E3」で発表した際の動画のようです。



 

動画は現在、約25万回再生されていて、高評価が約400、低評価が約900と、低評価の数が多いようです。

こちらは「E3」用の予告動画。



 

「E3」は「Electronic Entertainment Expo」の略で、毎年ロサンゼルスにあるロサンゼルス・コンベンションセンターで開催されています。2016年は6月14日から16日まで開催中。
米国の業界団体Entertainment Software Association(ESA)の主催で毎年5月中旬から6月初めの間の数日間に開かれており、ロサンゼルス・コンベンションセンターを会場として1週間近くに渡って行われる。流通向けの見本市という位置付けから入場できるのは業界関係者、即ち流通・ゲーム制作及び報道関係者に限られる。

Electronic Entertainment Expo - Wikipedia

ファイナルファンタジー15

『ファイナルファンタジー15』は2016年9月30日に発売、前日譚を描くアニメやCG映画の公開も発表…海外の反応

[タグ未指定]
[ 2016/06/15 21:03 ] 日本の娯楽 | CM(9)

『ファイナルファンタジー15』は2016年9月30日に発売、前日譚を描くアニメやCG映画の公開も発表…海外の反応

『ファイナルファンタジー15』の情報公開イベント、『UNCOVERED FINAL FANTASY XV』が現地時間の2016年3月30日にアメリカのロサンゼルスで行われました。そこで発表された情報で、『ファイナルファンタジー15』は全世界で2016年9月30日に発売されることがわかりました。また、ゲームの発売に先駆けて、各キャラクターの少年期に焦点を当てたアニメ作品、『BROTHERHOOD FINALFANTASY XV』と、全編CGの映画、『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』が公開されることがわかりました。『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』には人気テレビドラマの『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演のショーン・ビーンや、『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポールが声優を務めるようです。

『UNCOVERED FINAL FANTASY XV』の模様はこちら。






『ファイナルファンタジー15』の最新トレーラー映像も発表。



ファイナルファンタジー15

[タグ未指定]
[ 2016/04/01 12:35 ] 日本の娯楽 | CM(0)

海外のファンも大興奮!『攻殻機動隊』の実写ハリウッド映画にビートたけしが出演…海外の反応

世界中で高い評価を受けている日本の漫画、アニメ作品の『攻殻機動隊』の実写ハリウッド映画にビートたけしが荒巻大輔役として出演することが発表されました。

実写版『攻殻機動隊』は2017年3月31日にアメリカでの公開が予定されていて、『スノーホワイト』のルパート・サンダースが監督、スカーレット・ヨハンソンが主役の草薙素子を演じることなどが発表されています。
 今回の出演について、たけしは「この作品は近未来の人類を、ユニークな設定に置くことによってストーリーが組み立てられています。個人的にアニメや漫画のファンという訳ではないけれども、自分が演じる荒巻という役は、独特な存在感を放つ魅力的な人物であり、登場人物の人間模様を中心に様々なエピソードが散りばめられ、自分の監督作品とは全く異なるスタイリッシュなエンターテインメント作品として、面白いなと思い、出演することにしました。どんな作品になるか、自分も楽しみにしています」と語っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160303-00000076-dal-ent

 

『攻殻機動隊』は士郎正宗の漫画が原作。これまでに劇場版アニメ、テレビアニメ、小説、ゲームなど、幅広いメディアで展開され、海外にもファンが多い作品です。


時は21世紀、第3次核大戦とアジアが勝利した第4次非核大戦を経て、世界は「地球統一ブロック」となり、科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台。その中でマイクロマシン技術(作中ではマイクロマシニングと表記されている)を使用して脳の神経ネットに素子(デバイス)を直接接続する電脳化技術や、義手・義足にロボット技術を付加した発展系であるサイボーグ(義体化)技術が発展、普及した。結果、多くの人間が電脳によってインターネットに直接アクセスできる時代が到来した。生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイド、バイオロイドが混在する社会の中で、テロや暗殺、汚職などの犯罪を事前に察知してその被害を最小限に防ぐ内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活動を描いた物語。

攻殻機動隊 - Wikipedia

攻殻機動隊

[タグ未指定]
[ 2016/03/04 12:03 ] 日本の娯楽 | CM(0)

海外「これは嬉しいニュース」SMAPが解散、ジャニーズから独立…海外の反応

国民的グループのSMAPが解散し、メンバーは木村拓哉氏を除いてジャニーズ事務所から独立することが報じられ、海外でも話題になっています。
 SMAPが分裂、解散危機にあることが12日、分かった。育ての親と言われる女性マネジャー(58)がこの日、ジャニーズ事務所の子会社の取締役を辞任。来月に同事務所を退社する予定だ。この影響で中居正広(43)稲垣吾郎(42)草なぎ剛(41)香取慎吾(38)の4人が退社の意思を伝え、木村拓哉(43)が事務所に残ることを決めた。現段階では分裂状態にあり、このままでは解散は避けられない。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/13/kiji/K20160113011849880.html

28年続いた人気グループの解散報道に日本中に衝撃が走りました。

















[タグ未指定]
[ 2016/01/13 23:33 ] 日本の娯楽 | CM(1)
おすすめの記事
プロフィール
2012年11月開設

このブログについて

facebook icon twitter icon feed icon
おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。