海外から見た日本 - 海外の反応、日本に対する世界の評価


海外から見た日本トップページへ 
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

妖怪ウォッチが土日観客動員数でスター・ウォーズを超える…海外の反応

映画『妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』が2015年12月19日と20日の土日観客動員数で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を超えたことがわかりました。

映画版『妖怪ウォッチ』は12月19日の土曜に公開、世界中が熱狂している『スター・ウォーズ』最新作は12月18日の金曜に公開されていましたが、土日の観客動員数では『妖怪ウォッチ』が97万5千人、『スター・ウォーズ』は80万人でした。『スター・ウォーズ』は一日早く封切られているので、18日から20日の3日間では104万5千人、興行収入は16億1934万円で日本歴代1位の『千と千尋の神隠し』の16億1400万円を超えるロケットスタートとなりました。『妖怪ウォッチ』は当日の入場者に先着順で非売品の『エンマ大王メダル』が配られるとあって、親子連れが殺到したようです。





淀川長治 究極の映画ベスト

スポンサーサイト
[タグ] 映画
[ 2015/12/22 22:03 ] アニメ | CM(2)

日本のクラシック映画でどれが一番好き?…海外の反応

Redditの日本板に立てられていた「日本のクラシック映画でどれが一番好き?」というスレッドをまとめました。

 

 

・日本のクラシック映画は怪獣映画と『人間の條件』しか知らないんだけど、他にいい映画ってどんなのがある?あと、『硫黄島からの手紙』みたいな、歴史を日本人の視点から描いた映画でオススメはある?

人間の條件

 

 

・『トラ・トラ・トラ!』は真珠湾攻撃を日本とアメリカの両方の視点から描いてるよ。

・『硫黄島からの手紙』と『父親たちの星条旗』みたいな感じ?


・それよりもっとドキュメンタリーっぽくて、歴史的にも正確だよ。資料を十分に考察して、両国の当時の動きを正確に捉えてる。


 

トラ・トラ・トラ!

 

 

・『座頭市』がオススメだよ。盲目のサムライが日本を放浪する映画で20作品くらいある。

 

 

・『用心棒』だな。黒澤明監督と三船敏郎のコンビで作った映画はたくさんあるけど、『用心棒』が一番面白い。

・僕も時代劇は大好き。最近はあまりないけど、昔の時代劇は名作が多いよね。特に黒澤明監督の時代劇は素晴らしい。『スター・ウォーズ』を作ったジョージ・ルーカスも影響を受けてる。


 

用心棒

 

[タグ] 映画
[ 2015/12/12 19:33 ] 日本の娯楽 | CM(1)

実写映画版『テラフォーマーズ』の予告編がついに公開!…海外の反応

2013年の『このマンガがすごい!』オトコ編で1位になり、2014年にはアニメ化もされた大人気漫画、『テラフォーマーズ』の実写映画版が2016年に公開されます。その初の予告編が公開され、海外でも話題になっています。

『十三人の刺客』『ゼブラーマン』『ヤッターマン』など、海外にもファンが多い三池崇史監督と、キャストには伊藤英明、菊地凛子、小栗旬、山田孝之など豪華な顔ぶれ。

以下がその予告編ですが、ラスト10秒ほどの「コミカルな」シーンに違和感があると話題に。



 

実写映画版『テラフォーマーズ』は2016年4月29日に公開予定。

公式サイトはこちら。
火星のテラフォーミング用に放たれた結果、人型へ進化したゴキブリ「テラフォーマー」と、それを駆除するために特殊な手術を施された人間との戦いを描いたSF漫画。原作者の貴家悠は、当初は不良漫画を持ち込んだが、それを一読した編集者から「次は潜水艦か宇宙船か火星の漫画を描いてきて」と言われ、昔テレビ番組で見て覚えていた苔とゴキブリを用いた火星のテラフォーミング計画をSF漫画のアイデアとして選んだと言及している。

テラフォーマーズ - Wikipedia

テラフォーマーズ

[タグ] 映画
[ 2015/11/07 02:33 ] 日本の娯楽 | CM(6)

『TIGER & BUNNY』の実写映画版のキャストを予想してみた…海外の反応

人気アニメ作品の『TIGER & BUNNY』がハリウッドでロン・ハワード製作総指揮で実写映画化されることが発表され、日本でも海外でも話題になりましたが、Twitterユーザーの引鉄氏が投稿したキャスト予想が注目を集めています。

鏑木・T・虎徹:真田広之

TIGER and BUNNY

 

バーナビー・ブルックスJr.:オーランド・ブルーム

TIGER and BUNNY

 

ライアン・ゴールドスミス:クリス・ヘムズワース

カリーナ・ライル:アシュレイ・ティスデイル

アントニオ・ロペス:ショーン・ビーン

TIGER and BUNNY

 

キース・グッドマン:トム・クルーズ

TIGER and BUNNY

 

ホァン・パオリン:クロエ・グレース・モレッツ

TIGER and BUNNY

 

ネイサン・シーモア:ウィル・スミス

TIGER and BUNNY

 

イワン・カレリン:イライジャ・ウッド

TIGER and BUNNY

ユーリ・ペトロフ:クリスチャン・ベール

鏑木楓:芦田愛菜
個性豊かな特殊能力者「NEXT」がヒーローとして平和を守っている近未来的な街を舞台に、落ち目のベテランヒーロー・ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹と、生意気なスーパールーキー・バーナビー・ブルックスJr.のコンビが、他のヒーロー達と共に活躍する様を描いた「バディもの」のアニメ作品。作中におけるヒーロー達は、全てスポンサーの援助を受けてヒーローとして活躍しているという設定に基づき、放送以前から実際に各企業向けにヒーロー達のスポンサーを募集するという商業展開が行われている。

TIGER & BUNNY - Wikipedia



[タグ] 映画
[ 2015/10/13 21:33 ] アニメ | CM(4)

ハリウッド映画版『デスノート』の夜神月役にナット・ウルフ…海外の反応

漫画、アニメが大ヒットし、実写映画化、テレビドラマ化もされた『デスノート』がハリウッドで実写化されるという企画が進行中。気になる主役の夜神月にナット・ウルフの名前が挙がっているそうです。ハリウッド実写版製作企画を進めているのはワーナー・ブラザース社で、監督はアダム・ウィンガード。
現在20歳のウルフは、ソニー・ピクチャーズがマーベルと共同で手がける新「スパイダーマン」でもタイトルロールの最終候補に残った注目株。「きっと、星のせいじゃない。」の原作者ジョン・グリーンのエドガー賞受賞作を映画化した「ペーパータウン(原題)」では、英モデルで女優のカーラ・デルビーニュと主演を務め、10月10日公開の「マイ・インターン」にも出演している。

http://eiga.com/news/20150930/20/



[タグ] 映画
[ 2015/10/02 19:33 ] アニメ | CM(0)
おすすめの記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。